【拡散希望】〈チャレンジ17日目〉
https://readyfor.jp/projects/8271
こんばんわ‼︎マザーリーズの活動に賛同している山岡と申します。私は今1歳7ヶ月の娘がいます。
子供をもつまでは保育とは無縁の世界にいましたが、周りの友人も出産が続く中
待機児童問題に関してモヤモヤと思うことがありました。

...

住む場所や、産まれた月で保育園に
入れる人や入れない人がいるというのは
何かおかしなと思うのです。

美容師をしていた友人は
旦那さんの転勤をきっかけに東京へ引っ越してきました。
慣れない土地での育児はただでさえ大変なのに子供が保育園に預けられないという理由で長い間勤めていた会社を辞める事になりました。
美容師さんが技術を身につけスタイリストになり、お客さんと信頼関係をつくるのは並大抵の努力じゃありません。
自分がこれまで必死に頑張ってきた道が
途絶えてしまうかもしれないという気持ちは、子供を産むまで自分の夢に向かって懸命に勤めていたからこそ
複雑な想いがあったと思います。

保活や待機児童という言葉は漠然と聞いた事があっても実際に自分の事になると、何から手をつけていいものやら...
妊娠して日々変化する体調を気遣いながら先々の不安を抱え保育園の事まで考えて行動出来る人はなかなか少ないと思います。

でも、実際のところ待機児童問題は深刻で、
私の住んでいる区では、昨年度の実績によると実際に保育園に入れたのは
共働きの夫婦である事と更にプラスαの事情が必要だと言われました。

プラスαの事情の中には

・生活保護を受けている
・介護が必要な家族がいる方
・父・母のどちらかが難病や入院をしている
など

もちろん、補いきれていない部分はあると思うのですが、
優先されるべき家庭が優先されるよう、調整基準は出来ています。
ただ、それと同時に共働きの夫婦の中には
友人のように保育園に入れずに職を失ったり、
住む場所を変えざるおえなくなる家庭が出てくるという事です。

それって何かおかしいなと思うのです。。。

それに、保育園は1歳や2歳になるともっと枠が狭まります。
0歳児の枠が10人あって1歳児の枠が13人だったら
1年後には0歳児は1歳になるので、
実際のところ新たに入れるのはたった3人という事です。

そのため、生まれて間もない小さな赤ちゃんを
せめて授乳が終わるまでは
自分の側で見ていたいと思っていても
不安な気持ちを抱えながら0歳から
保育園に預けざるおえないお母さんもいます。

保育園の申請は10月〜11月です。
その時点で1歳枠にしか申し込めない家庭もあるのです。。。

住む場所や、産まれた月で保育園に
入れる人や入れない人がいるというのは
何かおかしなと思うのです。。。。

これが、私がマザーリーズの活動に
賛同する理由の一つです。

新着情報一覧へ