いよいよ8月12日、13には、

東京からHandiHouse project のメンバーの方が来てくださいます。

(こちらの費用は自前です)http://handihouse-project.jp/

 12日には、最初からオモヤの修繕の御相談をしている三重の建築士の方、

あらたに加わってくださった建築士の方、シズカナオニワメンバーと意見交換会です。プロジェクトをきっかけにいろいろな人がつながっていくのがうれしいです。YADOKARIサポーターズというFacebookのグループの方にも、いろいろなヒントをいただいています。

 

13日には夏のBBQオニワスペシャルを開催して、

https://www.facebook.com/events/1737695366478500/

シズカナオニワをサポートしてくださっている方々とミニマム修繕に賛同してくださる方々と顔合わせができるかと思います。

 

高齢化、空き家、長期の留守宅が増えているシズカナオニワ周辺。

ぜひプロジェクトを成功させて!、

三重いなべ市内外の空き家対策、古い家対策、移住対策に新たな選択肢を提供したいと思います。古い母屋対策にどんなアイデアがあるのか、

いくらぐらいかかるのか、今回のプロジェクトの金額では実現できないものもあるかもしれません。

でも! どんなやり方があるのか、どう考えるのか、今回の「オモヤの修繕実験室」での情報がなにか役に立つのを希望しています。

 しだいに朽ちていく古い家、なにか手をつけないと、長期的なストレスになります。私も20年、30年のレベルで、ずっと慢性的なストレスになっていました。

 それは、新築、全面リフォーム、耐震補強の3つの選択肢しか思い浮かばなかったからです。DIY力はなく、セルフビルドがおろか、木ねじひとつだって、釘1本だって、結構大変です。

 そこで、手のとどく、ミニマム修繕、スモールステップがストレスを軽減させる、そのスモールステップ作戦を思いつきました。

 そして、チーム力!今回のプロジェクト進行に、ご支援はもちろんのこと、片付けもののお手伝い、相談、励まし、などなど、多くの方にお世話になっています。

 

 高齢の方のお住まい、DIYが不得意な方のお住まい、経済的に新築も全面リフォームも耐震補強の補助金もむずかしいという方、多くいらっしゃると思います。無理のない範囲での、みなさまのご支援をお待ちしています!

 どうぞよろしく御願いいたします!

 

新着情報一覧へ