プロジェクト概要

カンボジアの若者たちに日本で1~3年就労してもらい、帰国後、自分たちの手でチャンスをつかんでほしい!貧困のループを断ってほしい!

 

はじめまして、「カンボジア送り出し機関ジャパン協会」の中道と申します。カンボジア貿易8年目、カンボジア在住4年目と2年目の私たちが現地、カンボジアで見たものは飢餓状態まではいかなくても、低所得のため自立できず貧困のループが繰り返されているという実態でした。

 

超優秀な人だけは国の支援で教育を受けることができますが、ほとんどの人は高校・大学に通って就職しても月収は150~200ドル、高校・大学に通えない人の月収は70~150ドル程度です。人材募集すればすぐに5~10名が口コミによって集まります。若者の人手は余っています。

 

反面、日本語堪能者となると、人出不足で人材を確保することは困難です。この場合、月収は300~2000ドルに跳ね上がります。中学校までしか勉強していない貿易スタッフでも、日本語を話せることで問題なく働くことができます。そこに学歴社会は存在しません。

 

そこで、私たちは現在のカンボジアの実情に合わせ、カンボジアの若者たちに日本での就労支援を行い、帰国後、彼らが経済的に幸せになる取り組みをしたいと思いプロジェクトを立ち上げました。そのための資金として25万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
カンボジアから日本に送り出す方たちです

 

 

帰国後の月収2~10倍に。日本での技能実習生制度。

 

私たちの事業は、日本語教師3名、カンボジア進出企業社長、日本企業の支援で成り立っています。日本の技能実習生制度を利用し、カンボジアの若者たちが日本で働き、日本の知識・常識・思考を体験してもらうことで、カンボジアに帰国後、経済的に幸せになることを目的としています。

 

現在、日本での就労者数は24名です。さらに3月に日本行き11名が加わります。日本語勉強中の若者たち16名を含め(※入国時期は2017年6~9月の予定)、支援するすべてのカンボジア人が日本で就労することが決まっています。

 

就労体験を通し日本語を覚え、帰国後、カンボジアの日系企業に働けるようになれば、以前より多くの給与を得ることができます。例えば、私たちスタッフの場合、日本語を話せるスタッフの月収は300~700ドルであり、話せないスタッフは120~140ドルです。

 

■技能実習生の声


・カンボジアの工場で働いていたときは月収140ドルだったけど、日本で働いて10倍の1400ドルになった!
・日本の考え方がわかり、貯金できるようになりました。今まで以上に幸せな気持ちです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日本語を必死に勉強して、日本へ向かいます

 

 

日本に働きに行きたい、でもお金がない…。それなら私たちが支援する!

 

高校・大学に行くことができない貧困や孤児は無数にいます。仮に日本企業の面接に合格しても、金銭面で日本に行けない人は半分いると言われています。日本に行くには、全員が金融機関からお金を借りなければいけない状態です。私たちは、そんなやる気があっても経済的に苦しいカンボジアの人たちを支援したいと活動しています。

 

●カンボジアで日本語教育後、日本で1~3年間の就労。帰国後のフォローまで。

 

  1. 日本就労先会社の面接、IQテスト、質疑。
  2. 合格。
  3. (4~6カ月目)日本語学校で日本語及び日本の常識を勉強。※全寮制(日本語教師3名体制)
  4. パスポート、日本入国のVISA作成。
  5. (5~7カ月目)日本入国。日本就労先会社にて1~3年間の就労。※日本国法律の基づき、技能実習生制度にて就労
  6. カンボジア帰国。日系企業の紹介または起業指導。※カンボジア在住、日系社長による全面支援

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日本で仕事ができることで大きく月収が変わります


 

カンボジア人の貧困ループを断ち切るきっかけをつくりたい!

皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

カンボジアに在住しわかったことは、学力を上げても経済的に高校・大学に行くことができないということでした。働いて、結婚して、子供が産れても、その子に高校・大学に行かせてあげることができない。このような世代を超えた貧困のループは今も続いています。

 

カンボジアの人たちが日本で就労体験をし、帰国後、日系企業等就職にすれば5万~20万円の高給を得ることが可能であり、自ら起業することもできます。日本の生活基準で考えると、月収20万円が80~100万円になるような感覚です。今回のプロジェクトを通して、カンボジアの貧困ループを断ち切るきっかけをつくっていきたいと思います。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!



リターン

カンボジアで作成・製造されている品々をお届けします。

 

・サンクスレター、油絵、シルクスカーフなど

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報