READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

ゴールデンレトリバー「こてつ」喉頭麻痺手術、のご支援を!

こてつ

こてつ

ゴールデンレトリバー「こてつ」喉頭麻痺手術、のご支援を!

支援総額

303,000

目標金額 300,000円

支援者
62人
募集終了日
2022年5月15日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

▼お知らせ

残念なお知らせです、

「こてつ」は頑張りましたが、病状が突然悪化し

令和4年4月17日明け方、虹の橋へと旅立ちました。

 

病気と闘う「こてつ」の為、ご支援をくださった皆様に

まずは心よりお礼を申し上げます。

 

「こてつ」と頑張る為にはじめたこのクラウドファンディングですが、

「こてつ」はいなくなってしまいました。

 

しかしながら、たくさんの暖かいメールも頂戴しまして

READYFOR様よりも継続可能の許可も頂戴いたしました。

達成は難しいかもしれませんが、

最後まで頑張ってみようと考えております。

 

▼こてつを応援してくれた皆様へ

 

4月17日4:45頃こてつが息を引き取りました。

13歳4ヶ月でした。

こてつを知ってくださってあたたかいメッセージあたたかいご支援を頂きまして本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

皆様のあたたかいお気持ちに触れる事が出来てどれだけ支えられて力にできたかわかりません。

4月11日いつも通りに夜ご飯を食べていつも通りに夜のお散歩に行っていつも通りに

オヤツ~オヤツ~♪と駆け寄って来ていつも通りに

ササミ~ササミ~♪と冷蔵庫の前でいい子に座って嬉しそうに食べていました。

その3時間後の事でした。

突然、酷い発作が繰り返され4時間ほど続いた後疲れ果てて何とか寝むれる事が出来ていたのでこてつの顔を見ながら「どうかこれ以上発作が起きません様に!!!」と願うばかりでした。

 

目が覚めてからは軽い発作が続き病院の先生とも相談しながら発作を抑える薬と点滴で何とか落ち着かせていたのですが4月17日私の家族が来てくれて私が1人にならないのを待っていてくれたかの様に静かに目を閉じました。

苦しそうな姿が本当に可哀想で私はこてつに「もう頑張らなくていいよ」と言ってしまいましたが“こてつ”の諦めない姿を見て「あんな事言ってごめんね!一緒に頑張ろうね!!」って謝りました。

 

こてつがここまで強い子だとは……本当に凄い子です。

皆様の中には最期の様子なんか「知りたくない」と気分を害されてしまう方もいらっしゃるかもしれません。大変申し訳ありません。

ですが、様々な状況の中こてつの為にご支援や応援をしてくださった方々にきちんと伝えなくてはとも思いまして本当に迷いましたがこのような報告をさせて頂きました。

 

今でも苦しんでいる“こてつ”の姿を思い出すと涙が止まりません。

ですが“こてつ”は私が悩んでいると様子がおかしくなり、私がイライラしているとテンションが下がる子でした。心配してくれていたのだと思います。

だから、少しずつでも前を向いて笑顔で“こてつ”を安心させてあげたいと思っております。

きっと今頃、笑顔で走り回っているだうな~と思っています。願っています。

 

繰り返しになりますが「こてつ」の事を知ってくださった皆様「こてつ」の事を応援してくださり、支援してくださり本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

 

 

大変勝手とは理解しておりますが、

このクラウドファンディングは継続中でございます。

 

当然、本来の趣旨とは異なってしまいましたので

キャンセルの申し出は以下よりご確認ください。

▼支援のキャンセル

https://faq.readyfor.jp/--612e3498929dab001d74b1d8

 

◇達成した場合

これまでの治療費、そしてお別れ(火葬)にかかった費用に充てたいと考えております。

下記の通り300,255円の費用に充てたいと思っております

 

1、治療費 255,705円

2、お葬式代(火葬費用)44,550円

 

▼自己紹介

北海道在住  土井と申します

現在、ゴールデンレトリバーのこてつ君と2人暮らしです

 

私は諸事情により離婚をしておりまして、「こてつ」を引き取り暮らしております

「元夫」が独身時代に大型犬を飼う事に憧れて

ペットショップで購入したのがゴールデンレトリバー「こてつ」でした。

「こてつ」と出会ったときに、「こてつ」は1歳6ヶ月

既に今の大きさに成長していました。

私と私の連子の猫(保護猫)、とこてつ、元夫との4人暮らしがはじまりました。

 

わんちゃんと一緒に暮らすのは初めてで、

犬と暮らすなんて、「こてつ」と出会うまで全く考えておりませんでした。

最初は撫でてあげるくらいしか出来ませんでしたが

徐々に慣れてきまして、「こてつ」との信頼関係も少しずつ深まり、

私だけでも一緒にお散歩に行けるようになり、

かわいい、愛しいと思う様になっていきました。

 

 

▼「こてつ」と二人暮らしに

「こてつ」が4歳の頃、諸事情により離婚。

「こてつ」は彼の実家のご両親へ引き取られることとなりました。

しかし、彼の実家のご両親が外で飼うと言い出しました。

外で飼う事が悪い事とは思いませんが

北海道の冬は雪も降り、とにかく寒いです。

家の中で暮らしてきた「こてつ」には過酷な環境です。

散歩や遊びも今までのようにたくさんしてもらえるか分かりません。

 

私は一人で暮らして生きていかなければいけない状況でしたが、

経済的にも不安いっぱいでしたが、「こてつ」に寂しい思いはさせたくない

私が引き取り、二人で暮らす決心をしました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

「こてつ」と笑顔で暮らす毎日。

○11歳を越えた2020年11月

20cm程の「脂肪腫」が前足の付け根あたりに出来てしまいました。

歩行困難、肺への圧迫の恐れがあったので初めての手術をしました。

この手術が無事に終了しました。

 

○2020年1月

大好きな雪で一緒に遊んでいると急に歩けなくなり

北海道大学動物医療センターで手術

「変性性腰仙椎狭窄症」と診断、手術をして頂きました。

手術も無事に終わりましたが、以前の様に走ったりは出来なくなりました。

でも、自分の足で歩いたり遊んだり出来る様になっていたので安心でした。

 

 

○2021年暑い夏

散歩をしていると、呼吸がどんどん苦しそうになっていく様子が見受けられました。

もう高齢なので体力の低下かなとも思いましたが、

念のため心配で、かかりつけの病院を受診しました。

寒い時期になってもこの呼吸が続く様であれば来てくださいとの事で、経過観察でした。

 

○2021年冬~

真冬日が続く中、苦しそうに呼吸する日が増えて来たので再度受診。

恐らく「喉頭麻痺」ですとのこと。

原因不明の病気で投薬治療の方法はなく、手術する他ない。

かかりつけの病院には大型犬は入れる酸素室がありません。

北海道大学動物医療センターを紹介されました。

セカンド・オピニオンをしましたが同じ診断でした。

 

○2022年2月16日

北海道大学動物医療センター受診

麻酔をして検査する予定でしたがレントゲンで喉頭麻痺からくる誤嚥性肺炎と分かり

検査はできないと。まずは「肺炎」の「投薬治療」をすることとなりました。

○2022年2月25日

肺炎の症状が少し良くなってきているので手術可能となりました。

手術をしなければ誤嚥性肺炎を繰り返してしまう可能性があり行く行くは呼吸不全で亡くなってしまう病気です。

 

「こてつ」はもう13歳と高齢犬です。

今回の手術が「こてつ」とって良いものか、悪いものか正直分かりません。

この先何年あるか分からない「こてつ」の命です。

でも、可能性があるなら

1年でも、2年でも、1時間でも1分でも長く

こてつと笑顔で過ごしたいと思っております。

手術することを決めました。

 

手術には高額な金額が発生します。

もちろん私は働いておりますが、

コロナの影響で、

私事ではありますが、給与も下がり、賞与もカットされてしまいました。

普通に生活するには問題ないのですが、

これまでにかかった手術費用、

そして、

今回の手術にかかる費用は私にとって

とても大きな金額です。

 

 

小さいころからお世話になっている「こてつ」のドッグトレーナさんに相談したところ。

クラウドファンディングという方法があるよ教えてくれました。

私はパソコンも、ネットも知識がありませんが、知人の協力も借りまして、

今回「クラウドファンディング」をやってみることにいたしました。

 

▼プロジェクトの内容

北海道大学動物医療センターにで「喉頭麻痺」を改善するための

被裂軟骨側方化術(タイバック)

様子をみて更に、

永久気管切開術という手術をする予定です。

 

▽診断書

 

当初、令和4年3月1日の手術予定だったのですが、

「髄膜腫」が見つかり、一度手術が中止になりました。

経過観察中となっております。

 

手術内容は「こてつ」の状況を考慮しながら

手術費用は40~60万

入院、通院等含め総額70万ほどとのこと

 

今回、この手術費用の一部「30万円」を

ご理解を得られる方に募りたいと思っております。

差額に関しましては

「こてつ」貯金を多少しておりましたのでそこから捻出。

残りはクレジットカードでの分割払い予定。

 

ペット保険に関しては

お叱りをうけるかと思いますが、

離婚後、「こてつ」を引き取ったものの日々の生活に追われ

「こてつ」の保険を考えるころには

加入年齢制限や、大型犬で金額が高額になっていたため

保険に関しては加入しておりませんでした。

私自身後悔もしております。

 

▼経過と今後の予定

実は北大医療センターにて

令和4年3月1日に予定でしたが

 

手術前検査で「髄膜腫」が見つかってしまいました。

その為手術が中断いたしました。

良性ですが既にかなりの大きさになっていて放射線治療をやって、

小さくなり、落ち着いてから喉頭麻痺の手術を勧められました。

 

●病院の先生からは「お金が大丈夫なら両方進める事も出来るが・・・・」

とのことです。どの治療をするにも、私とこてつにはかなりの高額です。

 

このクラウドファンディング達成し、

「こてつ」の手術代金が用意出来次第

すぐに次のステップへ進みたいと思っています。

 

今回は予定していた手術はできませんでした。

術前検査で合計136,430円かかってしまい。

さらには、良性とはいえ大きな腫瘍。

 

今後の予定としましては、「髄膜腫」の様子を見ながらとなり

金銭的な問題も含めて、まだ次の予定が見渡せない状況です。

 

ここ数年でかなりの治療費がかかっております。

今回の検査費用だけでもかなりきついですが、

私自身の生活は後回しにしてでも

出来る限りの最大限の手術、治療をさせてあげたいと思っております。

 

▽こてつのCT画像です(2022/3/1)

 

「喉頭麻痺」を改善するための手術として

被裂軟骨側方化術(タイバック)、永久気管切開術を予定しておりますが、

手術内容、治療方法が変わる可能性もあります。

 

手術の内容、経過、費用等は

随時掲載、詳細をご報告させていただきます。

術後、リハビリ、通院等があると思いますが、

 

夏がはじまるまでには

元気な「こてつ」をご紹介できればと思っております

 

 

▼最後に

「こてつ」との二人暮らし。

いざ私が1人になると分からない事ばかりでした。

ご近所の大型犬を飼っている方に色々教えて頂いたりしながら、

少しずつですが「 こてつ」との二人暮らしに慣れてきました。

 

「こてつ」は吠える事もなく、他のわんちゃんにも威嚇する事もなく本当に優しい子です。

ご飯も好き嫌いなくお肉はもちろん!野菜もフルーツも大好きです。

何より“人”が大好きです!撫でてもらうと幸せそうな顔をします。

その顔を見てると、私も幸せな気持ちになります。

 

私自身、犬と暮らすなんて考えてもいませんでしたが、

今では、ほんの少しですが心の余裕もできて

一緒に暮らす決断をして本当に良かったなと思っております。

「こてつ」から笑顔をもらう毎日です。

毎日が素敵な日々です。

 

13歳の「こてつ」に残された時間はそれほど多くはないかもしれませんが、

出来る限りのことは全部やっていきたいと思っています。

 

このクラウドファンディングが達成した場合

全て、「こてつ」の手術費、治療費、通院費に

大切に使わせていただきます。

 

皆様のご理解を少しでも頂戴できればと思っております。

どうぞご支援、ご協力お願いいたします。

 

※クラウドファンディング達成後

手術内容が変更になった場合は、その手術費用、治療費用に

手術が不可能、手術までに死亡となった場合、

これまでの治療費、葬儀費用(火葬費)に充てさせていただきたいと思っております。

 

 

本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。


連絡先:土井かおり

email  : takao0z1@yahoo.co.jp

 


【READYFOR事務局からのご案内】

 

ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。


ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え

 

 

プロジェクト実行責任者:
土井かおり
プロジェクト実施完了日:
2022年6月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

被裂軟骨側方化術(タイバック)をして合併症の様子をみて 更に永久気管切開術という手術をする予定です。 「こてつ」は高齢の為、また「髄膜腫」もある為、 術式は変更になる場合もございますのでご理解いただけると幸いです。 資金は、全額手術費用と、手術までにかかる検査費用、その後のリハビリ、通院費用とさせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
目標金額に達しない部分は自己資金で行います。

プロフィール

北海道札幌在住の土井かおりと申します。 13歳ゴールデンレトリバーのこてつ君と2人暮らしです。 犬と暮らすことなんて想像もしていなかったのですが、 毎日たくさんの笑顔をもらっています。

リターン

1,000


がんばれ「こてつ」

がんばれ「こてつ」

○ありがとうの「メール」

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

3,000


ファイト「こてつ」

ファイト「こてつ」

○ありがとう「お手紙」または「メール」

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

5,000


負けるな「こてつ」

負けるな「こてつ」

○ありがとうの「お手紙」または「メール」

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

10,000


元気になれ「こてつ」

元気になれ「こてつ」

○ありがとうの「お手紙」または「メール」

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

30,000


笑顔100%「こてつ」

笑顔100%「こてつ」

○ありがとうの「お手紙」または「メール」

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

50,000


立ち上がれ「こてつ」

立ち上がれ「こてつ」

○ありがとうの「お手紙」または「メール」

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年8月

プロフィール

北海道札幌在住の土井かおりと申します。 13歳ゴールデンレトリバーのこてつ君と2人暮らしです。 犬と暮らすことなんて想像もしていなかったのですが、 毎日たくさんの笑顔をもらっています。

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
現在
10人
動物園がもっと好きになる。水辺の生物たちと再会できる場所づくりを のトップ画像

動物園がもっと好きになる。水辺の生物たちと再会できる場所づくりを

天王寺動物園天王寺動物園

#環境保護

25%
現在
11,142,167円
支援者
609人
残り
7日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする