給食は、廃止されてしまいました・・・。運動は続けています!

  御支援ありがとうございました。お陰様で前回の集会は成功裏に終えることができました。

 しかしながら、お伝えしたように、県当局は、4月から県内すべての夜間定時制高校の給食を廃止する決定を下しました。

 この間、私たちは、集会に加えて、県議会への請願を複数回提出し、県議会議員への要請を繰り返し行ってきました。議員へは多くの共感を得ることができました。しかし、与党議員の多くは、県の方針に逆らうことを嫌い、結果的に私たちの出した請願は悉く否決されました。

 廃止の通知が各学校に届いたのはこの1月。4月から給食に代わる夕食の手配をしてくれる業者を探し、契約するのは学校の教職員に丸投げです。新たに廃止となった県内12校のすべてが夕食の手配を確保できているのか、まだ把握していません。郡部の学校は、業者も少ないので難航が予想されます。

 また、契約にこぎつけたとしても、1食400~500円はかかるので、1か月契約となると、8,000~10,000円になります。給食の時は6,000円前後でしたが、これでも払えない生徒が少なからずいたので、今後夕食が食べられない生徒が続出することは間違いないでしょう。おなかを空かせたまま、夜9時頃まで授業を受けることになります。

 私たちはこの状況を黙認するわけにはいきません。今後は給食を復活させる運動を続けていきますので、どうぞ変わらぬ御支援のほどをお願いします。

 なお、明日、新たに集会を予定しています。以下の要領です。

 

 ・日時 4/1(日)13:30~16:30 

 ・場所 千葉市生涯学習センター小ホール

 ・内容 講演「新しい高校・新しい学び」 講師 富崎 豊和さん

                      (都高教書記次長)

     その他県内教職員による報告、討論等。

 

 これまで支援金は、2回の集会で、会場費、講師料、宣伝費、通信費として計18万円使いました。また、議員への要請のための交通費として3万円。残金が5万円ありますので、今後の運動に使わせていただきます。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています