READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

ICUバスケットボール部の新たな挑戦となる2022年に向けて

ICUバスケットボール部の新たな挑戦となる2022年に向けて

支援総額

450,000

目標金額 350,000円

支援者
27人
募集終了日
2022年6月29日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

2022年で創部45年となる国際基督教大学バスケットボール部

In 2022, the ICU Basketball Club will have been active for 45 years!

 

色々なことが45年間にあり、それぞれをなんとか乗り越えてきましたが、とりわけ新型コロナウイルスの影響により、この2年は予想もしなかった大きな試練を課された期間となりました。

 

「バスケをやらないバスケ部とは?」

「バスケできないのにバスケ部員であることの意味は、意義は?」

 

誰も経験も考えたこともない命題に、この2年、部員全員で取り組んできました。

 

A lot has happened in 45 years, and we’ve managed to overcome challenges, but the last two years in particular, due to the coronavirus, have been especially challenging.Our identity as basketball players and our identity as a club was challenged.

 

男子はいよいよ今季は創部以来初の四部。

 

女子も新入部員を迎えてプレイヤー10名で、昨シーズンを超えるべく意気高く練習しています。

 

これまでの45年を踏まえて、これからの部がどう進んでいくべきか。このタイミングが一つの節目となり、この先さらに発展していけるように部員が主体となりプロジェクトチームがいくつかスタートしています。

 

国外や遠方のなかなかICUに来られないOBOG、お近くのOBOGも感染対策の入構制限で体育館に集まって頂けず、現役部員とのコート上での交流が難しいまま続いたこの2年を踏まえて、もう一度現役との絆を感じて頂き、さらに今後に向けてのプロジェクトの一つとしてこのクラウドファンディング挑戦を決めました。

 

And after two years, we’re able to experience the happiness of touching the basketball, shooting, and passing the ball back and forth again.

 

This year the men's team won all of their league games in the fall of 2021 and were promoted to the fourth division under challenging circumstances, such as the repeated suspension of practice due to activity restrictions, prohibition of external games, and cancellation and postponement of official competitions.

 

The men's team will for the first time be able to compete in the fourth division.The women's team also welcomed new members, now being able to practice with ten players and with high spirits to surpass last season's performance.

 

Looking back on 45 years of history, how should the club move forward? At this impasse, the club has started projects led by club members to improve the club even more.Club members and alumni haven’t been able to meet for two years now, and finally, we’ve been granted the opportunity to connect once again. Taking advantage of this opportunity, the basketball club has decided to pursue crowdfunding.

 

★現在まで -Present-

 

これまでのOBOGの方々のご協力もあり、関東大学バスケットボール連盟と関東女子大学バスケットボール連盟の主催大会への参加だけでなく、ステファン・カリーのUnderrated tourの誘致や元日本代表選手のクリニック、アルバルク東京のスクールコーチによるバスケットボール教室など数多くの活動実績を残してきました。そして昨シーズン、男子は五部リーグを全勝優勝し、2022年〜2023年シーズンは創部以来初の四部リーグへの挑戦となります。

 

With the cooperation of our alumni, we have not only participated in tournaments hosted by the Kanto University Basketball Federation and the Kanto Women's University Basketball Federation but have also attracted Steph Curry's Underrated tour, clinics by former Japanese national team players, and basketball classes by Albark Tokyo's school coaches. Last season, the men's team won all games against the fifth division, and in the 2022-2023 season, for the first time, the men's team will compete in the fourth division.

ただ、現状でも依然としてコロナの影響を受けており、現在も学内での対外試合禁止など部の活動制限は続いており、緩和または解除される見込みは今も立っておりません。

 

さらに、少なくとも今年いっぱいは、程度の違いはあれ、感染対策による制限は続きそうです。

 

これまでの活動制限の中でも、バスケットボールを何らかの形でできるように、時々の状況に合わせてさまざまな方法を模索して来ました。

 

However, the coronavirus still forces restrictions on club activities, such as the banning of external games on campus.Furthermore, it is likely that the restrictions will remain in place for at least the rest of the year, to varying degrees, due to infection control measures.Despite the restrictions, we’ve tried to find various ways that allow us to continue playing basketball.

 

しかし、コートとボールが使えるようになっても、感染対策で一時はボールの共有が許されずペアシューティングもできない時も。パスができなければチームスポーツであるバスケットボールの根幹のところが許されない。これには深い戸惑いを覚えました。

 

さすがにここまでの規制は今後はないと思いますが、オンライン授業の導入により授業=登校では必ずしもなくなり、学校にいると言うことが当たり前でなくなった面も。実際に2019年9月に入学、同時に入部予定だった学生がこの春に初めて来日できた例のように、学校とに物理的な距離が発生、体育館に集まるハードルが上がったとも言えます。

 

However, even when we have been able to hit the hardwood, there are still restrictions due to infection control measures.With the introduction of online classes, being at school is no longer the norm. In fact, it can be said that the physical distance from the school has increased the hurdle for students to gather in the gymnasium, as in the case of a student who was scheduled to enroll in September 2019 and join the club at the same time, but was able to come to Japan for the first time this spring.

 

★アフターコロナ、先の10年に向けて -After Corona, Looking Toward the Decade Ahead-

 

さらに、いずれ平常時の活動が可能になったとしても、実は近年のカリキュラムや学校の体制の変化でこれまでの活動に変化が迫られています。

 

567(ゴロチ)と呼ばれる終了が遅い授業の履修者が増え、平日は以前のような安定的なティーム練習が難しくなり、せっかく練習日を確保しても遅刻者が多かったり人数不足で自主練習とせざるを得ないことが増えています。

 

またシープロによる留学で一年生が夏季休暇期間の活動にほとんど参加できず、秋のリーグ戦への構想に組み入れることが難しくなっている。と同時に通常のティーム練習が成り立たない人数で夏季休暇期間の練習を組まなくてはならないシーズンも多くなって来ました。さらに秋のリーグ戦のスケジュールの前倒しにより、第一節にはまだ留学から戻れていない部員も。

 

上級生では就職活動の長期化(インターン含め約1年にわたる)により下級生時の履修スケジュールにも影響が及ぼすようになりました。卒業までの履修計画上、下級生時から練習出席を犠牲にした履修をせざるを得ないことが増えてきました。

 

コロナが終わっても続く部員が置かれた状況で、相対的に重要性が高まったのが個人練習であり自主練習です。加えてバスケットボールのルール変更と戦術と技術の進化により、より短時間で少ない手数でシュートに持ち込まなくてはならなくなっており、以前より遥かに個の力が問われるようになっているのです。

 

Furthermore, even if normal activities eventually become possible, changes in the curriculum and school structure in recent years have actually forced changes in past activities.

 

The number of students taking classes that end late, known as 567 (gorochi), has increased, making it difficult for teams to practice on weekdays as consistently as in the past.In addition, due to study abroad by CEPRO, first-year students are rarely able to participate in activities during the summer vacation period, making it difficult for them to be included in the fall league plans. At the same time, there have been many seasons in which we have had to organize practices during the summer vacation period with a number of players that would not be able to participate in regular team practices. Furthermore, due to the accelerated schedule of the fall league, some members will have yet to return from their study abroad.

 

For the upperclassmen, the extended job-hunting period (about a year, including internships) has also affected the course schedules of the underclassmen. In order to plan for graduation, students are increasingly forced to sacrifice practice attendance from the time they are underclassmen.

 

The individual and independent practice has become more important. In addition, changes in the rules of basketball and the evolution of tactics and techniques have made it necessary to shoot the ball in a shorter amount of time and with fewer moves, making individual strength far more important than in the past.

そのため、個人練習の質を高める環境整備をいかにできるかが、少人数のティームで今シーズン四部というステージで戦い、さらに上を目指していくためには必要不可欠です。

 

Therefore, it is essential to create an environment that enhances the quality of individual practice in order for our small team to compete in the fourth division stage this season and aim for further improvement.

 

★シュートの持つ意味と重要性の変化 -The Changing Meaning and Importance of Shooting-

 

チームスポーツである以上チーム力の向上も重要であり、チーム練習方法の工夫と習熟は不可欠ですが、一方で最後は個の力がものを言うのはこれまで何度も痛感させられて来ました。特にカテゴリーが上がると個の力の違いは大きい。 

 

さらにバスケットボールの技術戦術の進化の加速化は日々高まっており、試合のアップテンポ化と相まって重要性が高まったのが3Pシュートであり、ディープ3と呼ばれるさらに遠いシュートやステップバックしての3Pも、高校生レベルでさえ特別な技術ではなくなって来ています。

 

オリンピックでの女子日本代表の戦い方にも見られるように、得点効率からペイント内か3Pかに絞ってしまう。ロング2Pを打つなら一歩下がって3Pに、と言う指示も当たり前に見られます。ディフェンスのプランニングでもオープンな3Pとペイント内シュートを消し、ミドルシュートはむしろ打たせるよう誘導する考え方が一般的で、これを逆手にミドル2Pの重要性を唱えるコーチも出て来ています。

 

こう言ったミドルシュート、ロング2Pから3P、ディープ3Pまで極めて高効率な個人練習ができるのがシューティングマシンです。

 

As a team sport, it is important to improve team strength, and it is essential to devise and master team practice methods, but at the same time, we have been made painfully aware many times of the importance of the individual capabilities. In particular, as we face stronger competition, it is necessary that we need to grow as individual basketball players.

 

In addition, the evolution of basketball technology and tactics is increasing combined with the up-tempo nature of the game, the importance of 3-point shooting has increased, and even the deep 3, a more distant shot or a step-back 3-pointer, is no longer an impressive skill, even at the high school level.

 

As seen in the way the Japanese women's national team played in the Olympics, scoring efficiency has narrowed the focus to either inside the paint or 3-pointers. It is also commonplace to see instructions that if you are going to shoot a long 2-pointer, take a step back and go for the 3-pointer. In defensive planning, too, it is common to eliminate open threes and shots in the paint, and to induce players to shoot the middle shot rather than the other way around, and some coaches are now advocating the importance of the middle two-pointer.

 

The shooting machine allows for extremely efficient individual practice of everything from middle shots and long 2Ps to 3Ps and deep 3Ps.

 

★シューティングマシン導入に向けて -For installing the shooting machine-

 

部員とスタッフとでさまざまなアイディアを出して試し、現状でできる最大限を探るだけでなく、新入生への勧誘など、少なくとも今後10年の部の将来も含めての施策の一つとして、昨年モルテン社から製品化されたシューティングマシンを導入しようと考えました。

 

Club members and staff decided to introduce a shooting machine, which was commercialized by Molten last year, as one of the measures not only to explorer our capabilities but also to recruit new students and for the future of the club for at least the next 10 years.

 

https://www.molten-b-plus.com/shootingmachine/feature/

ひとりで設置できる

 

一人でそれぞれ5分ほどで設営、撤収できて、最短で3秒間隔、5分で100本を打てる。これはペアシューティングなど人力では実現が難しい強度です。

 

個人練習しか許されない状況下でも、強度も効果も十分に期待できる練習が可能で、シュート力はもちろんフィットネスやモティベーションの維持・向上にもつながるでしょう。強度の高いシュート練習に黙々と取り組み、その成果と成長を最短期間で実感できるツールとしては最強の一つと言っても良いでしょう。

 

It can be set up and taken down by one person in about 5 minutes each, and can shoot 100 shots in as little as 5 minutes. This is difficult to achieve with rebounding.

 

Even in situations where only individuals can practice, it is possible to practice with sufficient intensity and effectiveness to maintain and improve fitness and motivation as well as shooting ability. It is one of the strongest tools for silently engaging in high-intensity shooting practice and realizing its results and growth in the shortest possible time.

 

 

シューティングマシンデモンストレーション

Shooting machine demonstration movie

https://youtu.be/13u2vCmNGD0

 

さらに、首振り機能により二人からチーム練習まで、工夫によりさまざまなドリルに適用できて、シューティングの高効率化に極めて有効です。

 

Furthermore, the pivoting function can be applied to a variety of drills, from two-person to team practice, depending on the device, and is extremely effective in increasing the efficiency of shooting.

 

★このクラウドファンディングで目指すこと -What we aim to achieve with this crowdfunding-

 

コロナ禍の二年を過ごして最近の部員の意識が大きく変化しようとしているのを日々実感しています。これまでの、バスケットボールを上手くなって試合に勝てるようになりたい、学生生活を最大限に楽しむ一つの場として、そう言ったところから大きく踏み出し、キャリア形成へのきっかけを造る場として、また部の活動の拡大と拡充を求めて外部へ積極的にアプローチを始めています。

 

キャリア形成に対しては、OBOGに呼びかけ、経験談を聞くZOOMミーティングを6月に開催を決めています。また部内ライングループで就職情報を頻繁にシェアするなどバスケットボール部のコミュニティをキャリア形成のスタートラインとして活用する動きが盛んになっています。

 

外部に対しては、3月の公式戦日程延期を連盟に要請するにあたって学長に面談、部としてだけでなく学長名での延期要請の提出も実現しました。さらに他運動部に呼びかけて活動制限の見直しにあたって代表として学校と交渉。今も夏季休暇期間の活動制限についてサッカー部と連携して交渉を準備しています。

 

バスケットボールでも、立川ダイスのトライアウトに協力したり、佐々木クリス氏の「英語でバスケ」スクールの指導補助に参加するなど、バスケットボール界に積極的に参画していっていますし、さらに一層のチームの拡大発展のためにスポンサー獲得を構想、チームを発足させました。

 

このような学生の意識の変化を目の当たりにし、改めて活動の根幹となるバスケットボールの強化と効率化、また授業や留学など学生生活の変化による練習環境のサポートツールとしてシューティングマシンの導入を構想しました。以前にも増して前向きで積極的な部員の強力な味方となってくれると思われます。

 

クラウドファンディングを選んだのは「国際基督教大学バスケットボール部」で時間を共有したコミュニティの一員であること、コロナで失われたリアルでの現部員との接点、これから来る後輩たちへの環境づくりなど、この部の活動をサポートして来て頂いた皆さまに、より多角的にご参加ご協力いただく一つの切り口として立ち上げた次第です。

 

このコミュニティでも今まで以上に現役部員、OBOGとさらに強い繋がりを作っていき、他に例を見ない居場所になれたら嬉しいと考えています。

 

45年目で新たなステージに上がる出発点となる、この2022シーズン。

皆様の思いも背負い皆様と一緒に喜びを分かち合うために。

 

どうか皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

After spending two years in the Corona Disaster, I have noticed that the members of the club are about to undergo a major change. We have moved away from the past focus on the club as a place for students to enjoy their student life to the fullest and have begun to proactively approach the outside world in search of opportunities for career development and the expansion and expansion of the club's activities.

 

For career development, we have decided to hold a ZOOM meeting in June, where we will call on alumni to share their experiences. In addition, the basketball club is actively using the community as a starting point for career development by frequently sharing employment information on the club's intra-community line group.

 

In terms of external parties, the club met with the president of the university to request the federation to postpone the official game schedule in March, and submitted a request for the postponement not only as a club but also in the president's name. We also called on other athletic clubs to review their activity restrictions, and negotiated with the school as a representative. We are still preparing to negotiate regarding the restriction of activities during the summer vacation period.

 

In basketball, we are actively participating in the basketball world by cooperating with the Tachikawa Dice tryouts and assisting Chris Sasaki's "Basketball in English" school, and we have also conceived the idea of obtaining sponsors to further expand and develop the team.

 

Witnessing such a change in student awareness, we once again conceived of the introduction of a shooting machine as a tool to strengthen and streamline basketball, which is the foundation of our activities, and to support the practice environment due to changes in student life, such as classes and studying abroad. We believe it will be a powerful ally for our club members, who are more proactive than ever before.

 

We chose to crowdfund because we are part of a community that has shared time with the ICU Basketball Club, and we wanted to create a more multifaceted environment for those who have supported the activities of this club, including the real contact with current club members that were lost in Corona, and the environment for the juniors who will be joining us in the future. We have established this community as a way to encourage the participation and cooperation of all those who have supported the activities of the club.

 

We hope that this community will become a unique place where we can build stronger ties with current club members and alumni than ever before.This 2022 season will be the starting point for us to move on to a new stage in our 45th year.We plan to carry the long history of seraphim basketball and ask for your support on this journey.

 

Thank you 

 

 

プロジェクト実行責任者:
武藤祐生(国際基督教大学バスケットボール部)
プロジェクト実施完了日:
2022年6月27日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

国際基督教大学バスケットボール部がモルテン社のシューティングマシンを購入します。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
購入費用約65万円のうち、約35万円は部費で負担します。残りの30万円を支援金から充当します。

プロフィール

国際基督教大学バスケットボール部

国際基督教大学バスケットボール部

1977年創部 4月と9月の一般入学生による大学を代表するバスケットボール部 国内と海外の高校出身者、インターナショナルスクール出身者など国際色豊かな部員構成 NBAライターの宮地陽子はOG 関東大学バスケットボール連盟(男子/四部)と関東女子大学バスケットボール連盟(女子/四部)所属 東京都三鷹市大沢3-10-2 国際基督教大学スポーツクラブハウス内

リターン

10,000+システム利用料


alt

シューティングマシンへのご芳名の記載と部員からのお礼のメールをお送りいたします(10名様まで)

ご芳名またはご希望のお名前をシューティングマシン本体に記銘させて頂きます。また部員からの感謝とご報告のメールをお送りいたします。

★記銘数に上限がありますので申込数を限定数としております。

記銘数が50名までとなっておりますので、上限を設けさせて頂いております。

支援者
6人
在庫数
4
発送完了予定月
2022年7月

10,000+システム利用料


alt

部員から感謝とご報告のメールをお送りいたします (記名なし) (1)

マシンへの記名は御希望なさらない方、また限定数を超えた場合はこちらをお選びください。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

20,000+システム利用料


alt

シューティングマシンへのご芳名の記載と部員からのお礼のメールをお送りいたします(20名様まで)

ご芳名またはご希望のお名前をシューティングマシン本体に記銘させて頂きます。また部員からの感謝とご報告のメールをお送りいたします。

★記銘数に上限がありますので申込数を限定数としております。

記銘数が50名までとなっておりますので、上限を設けさせて頂いております。

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2022年7月

20,000+システム利用料


alt

部員から感謝とご報告のメールをお送りいたします (記名なし) (2)

マシンへの記名は御希望なさらない方、また限定数を超えた場合はこちらをお選びください。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

30,000+システム利用料


alt

シューティングマシンへのご芳名の記載と部員からのお礼のメールをお送りいたします (10名様まで)

ご芳名またはご希望のお名前をシューティングマシン本体に記銘させて頂きます。また部員からの感謝とご報告のメールをお送りいたします。

★記銘数に上限がありますので申込数を限定数としております。

記銘数が50名までとなっておりますので、上限を設けさせて頂いております。

支援者
7人
在庫数
3
発送完了予定月
2022年7月

30,000+システム利用料


alt

部員から感謝とご報告のメールをお送りいたします (記名なし) (3)

マシンへの記名は御希望なさらない方、また限定数を超えた場合はこちらをお選びください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

50,000+システム利用料


alt

シューティングマシンへのご芳名の記載と部員からのお礼のメールをお送りいたします (10名様まで)

ご芳名またはご希望のお名前をシューティングマシン本体に記銘させて頂きます。また部員からの感謝とご報告のメールをお送りいたします。

★記銘数に上限がありますので申込数を限定数としております。

記銘数が50名までとなっておりますので、上限を設けさせて頂いております。

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年7月

50,000+システム利用料


alt

部員から感謝とご報告のメールをお送りいたします (記名なし) (4)

マシンへの記名は御希望なさらない方、また限定数を超えた場合はこちらをお選びください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

プロフィール

1977年創部 4月と9月の一般入学生による大学を代表するバスケットボール部 国内と海外の高校出身者、インターナショナルスクール出身者など国際色豊かな部員構成 NBAライターの宮地陽子はOG 関東大学バスケットボール連盟(男子/四部)と関東女子大学バスケットボール連盟(女子/四部)所属 東京都三鷹市大沢3-10-2 国際基督教大学スポーツクラブハウス内

あなたにおすすめのプロジェクト

マジックミラー車で心に残る思い出を作ろう のトップ画像

マジックミラー車で心に残る思い出を作ろう

MMTMMT

#起業・スタートアップ

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
29日
通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト のトップ画像

通常医療が提供困難な状況で、1人でも多くの命を救うプロジェクト

空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

#チャレンジ

継続寄付
総計
7人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする