本日は、きりんのゆめはどういった存在なのかを皆様にお伝えしたいです。

 

きりんの家は、人がなくなる場所でも看取りの家ではない。

ここは、生きる場所です。人は皆生きようとしていて、生きているその先に「死」があるだけ。

そこまでをどのように生きるかです。


そのためには他人(家族も含め)の力が必要。

人は人の中でしか生きられない。そして、そのお手伝いをするのが「ここ」きりんの家なのです。

 

そのことを伝えるためにつくった、ひとつの物語があります。

きりんの夢の想いがのったメッセージです。ご一読いただけると嬉しいです。

 

 

【ひとつの物語】

 

静かな森の中。奥の方に、何やら明かりが見えます。
一体何の明かり?わからないけど、とても気になります。あまりに優しいあかりだから。
少しずつ近づいていくと、それは家の明かりでした。
まるで、呼び寄せられるように足が家に向かって進んでいきます。
何やら、人の声や動物の声、そしてあたたかいスープの香りが漂ってきます。
人が住んでいるの?  こんな処に? 一体どんな人が?
それは、丸太で作った小さな家でした。
時間をかけ、一つ一つ手作業でやったんだろうな、と思うような家です。
知らないはずなのに、何だか懐かしいような・・・。
大きな窓から明かりが漏れています。 あ、この明かりだったんだ。
ドアには、「よかったら、お茶でもどうぞ」という看板が掛かっています。
思わずドアを開けてしまいました。
中には、大きなまきストーブが置いてあります。そして、隣には大きなおじいさんが
椅子に腰かけ「ようこそ、いらっしゃい。疲れたでしょう、お茶でも飲んであったまって下さい。」と優しく声をかけ、お茶の準備をしてくれます。
思ったより家の中は広く、何人かの人が住んでいるように思えます。奥からは、人の声が聞こえてきます。食事の準備中なのか、スープのいい香りがしてきます。そして、よ~く見ると、おじいさんの足元には猫が丸く寝ています。

どうも、このおじいさんは、ここの主のようです。
そして、長い長い話が始まりました。
何人かの人が一緒に暮らせる家が欲しくて、森の中で木を1本1本切り、家を作り始めたようです。それはそれは、気が遠くなるような話です。周りの友達が見かねて、一人また一人と手伝ってくれ、何とか出来上がったとのことです。
おじいさんは、何の仕事をしていたかは詳しく話してくれません。ただ、人が元気に暮らせるようなお手伝いをしてきたようです。病気になるのは仕方がないけど、最期をこんな風に終えるのは辛いな・・という経験を何回か繰り返し、家を作りたいと思い、今に至ったようです。  「ここは、人がなくなる場所なの? 看取りの家なの?」
ううん、そうじゃない。ここは、生きる場所。 人は(人の細胞も含め)、皆生きようとしている。 生きている、その先に「死」があるだけ。そこまでをどのように生きるか。
残念だけど、そのためには他人(家族も含め)の力が必要。人は人の中でしかいきられないから。そして、そのお手伝いをするのが「ここ」。
ここにあるのは、普通の暮らし。朝気持ちよく目覚め、身体と心が喜ぶご飯を少し食べ、お茶をし、お風呂に入って、森の中を散歩し、人と話をし、そして眠りに就く。
実は、その普通の生活がとても大事。

おじいさんの話、わかるようでよくわからない。
自分には遠い話だから・・でも、本当に遠い話なのかな?
人は必ず死ぬ。生まれてくる時は、あんなにみんなに囲まれて祝福される。
最期も、出来ることなら人に囲まれて、笑いながら皆に挨拶したいな・・。
「みんな、今までありがとう」って。それが、家族であっても、そうでなくっても。
人が死ぬ、という話なのに、何故かおじいさんの話を聞いていると元気になっている自分を感じる。どうしてかな?初めてあった人なのに・・・。
こんなおじいさん、こんな家が、たくさんあればいいな・・・。  そんな気がする。
そして、僕に何ができるのかな?

 

   あ、陽の光・・・。あれは何? 夢だったの?
   スープの香りは、しっかり残っているのに・・・。
   おじいさんの声も・・・。


   今日も一日が始まる。
   昨日と何も変わらない一日が。でも、自分の中の何かが変わった気がする。
   さあ、頑張ろう!

 

 

キャプション

 

 

新着情報一覧へ