READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

児童労働ゼロの世界へ!ACE SDGsプロジェクト2019

児童労働ゼロの世界へ!ACE SDGsプロジェクト2019

寄附総額

5,880,000

目標金額 5,000,000円

寄附者
357人
募集終了日
2019年7月24日
プロジェクトは成立しました!
17お気に入り登録17人がお気に入りしています

17お気に入り登録17人がお気に入りしています
2019年06月26日 18:30

ACEとSDGsその1:ゴール8について

こんにちは、ACE代表の岩附です
 
これまでに159人の方から370万2000円のご支援を頂きました。ありがとうございます。
 
あと130万円!みなさま、ご支援よろしくお願いいたします!!!
 
さて、今回私たちは、児童労働をなくすためにSDGs達成を目指そう!という目的でこのクラウドファンディングを行っていますが、そもそも私たちACEにとってSDGsはなぜ大切なのでしょうか?
 
SDG8,7では「2025年までに児童労働をなくす」と書いてあり、これこそ私たちが強くかかわるターゲットでもあります。ただ児童労働をなくすためには、それ以外の目標も決して無視はできないのです!
 
そこでこれから、私たちACEと深く関係があるSDGのゴールのお話を、新着情報でしていきたいと思います。
 
まずは、私たちACEがかかわる児童労働問題の解決も含まれる「ゴール8」について。
 
 

-----------------------------
目標8 適切な良い仕事と経済成長(Decent Work and Economic Growth)
「自然資源が守られ、みんなが参加できる経済成長を進め、すべての人が働きがいのある人間らしい仕事をできるようにする」
------------------------------
 
 
すべての人が人間らしいな仕事をし、持続的に経済が成長するために
 
私たちが暮らしていくのに必要なお金。それを生み出すのが、仕事です。自分や自分の家族が生活していくための収入を得るために働いている人の推計は、世界で34億人(世界の労働力人口の推計)。しかし一生懸命働いても生活するのに十分な収入が得られず、人間らしい生活ができずに貧困状態に置かれている人々が多くいます。さらに、強制的にあるいは奴隷的な状態や、人身売買されて働かされること、女性、障害者、移住労働者であることを理由に差別され、仕事に就くことができなかったり、賃金が正当に支払われない等の問題があります。また、法律で禁じられているにも関わらず、子どもが働く児童労働の問題もあります。
 
例えばTシャツを例に考えてみましょう。同じTシャツでも、不当に安い賃金で労働者が働かされて生産された500円の商品と、適正な賃金と安全な労働環境、労働条件で生産された1000円の商品があった場合、その生産過程の差を普通の消費者が見分けることはなかなかできません。こうした条件の下で、500円の商品ばかり売れてしまったら、適正な賃金を支払っている1000円でTシャツを売る企業は競争に負けてしまいます。こうして「搾取」をしたほうが得をするような経済の回り方は、価格競争と搾取がどんどん進む「地獄への競争」になってしまいます。私たちが目指したい成長は、人々を貧困へ押しやり一部の人が利益を得ることで生まれる成長ではなく、一人ひとりの仕事が価値を生み出し、経済活動が活性化して好循環を生み出す、持続可能な経済による成長です。
 
コットン畑で働く子ども
 
経済活動には環境にも負の影響が及ぶことがあります。その一例が、生態系を無視した乱獲や、自然体系を無視した形の資源開発などです。このような無理な開発を行うことで、資源を枯渇を誘発し、結果的にその経済活増の継続が危ぶまれることにもなりかねません。
 
また今世界で問題になっているのが、若者の失業です。働きたくても、仕事がない、就職が出来ない等、若者のエネルギーとフラストレーションが暴力やテロなどに向かってしまっている現状を私たちは日々のニュースで目にしています。若者が十分にその能力を発揮できるような機会を作ることも、回り道のように見えて実は世界に平和をもたらすひとつの方法かもしれません。
 
労働者の搾取を防ぐためには、国が法律を制定したり、労働組合を作り労働者の権利を守る活動を行ったりすることも重要です。しかし、働きたくてもそもそも仕事がない場合もあります。そのような地域では、個人が起業するという方法があり、また起業したい人が事業活動に必要な資金を獲得しやすい金融サービスなども必要です。特に途上国の農村地域では、貯金や融資ができる設備が近くになく、高利貸しに頼らざるを得ないような状況にある場合もあります。最近では、電子マネーや携帯電話を利用した送金システムなど、イノベーションにより、金融サービスへのアクセスが飛躍的に向上している地域もあり、その進化により多くの人が安定した収入を得られることも期待されます。
 
 
工場で働く子どもたち
 
2025年までに児童労働を終わらせるために
 
この目標8の中のターゲット7には、強制労働、現代の奴隷制、人身売買などの根絶を目指し早急に取り組むことに加え、あらゆる形態の児童労働を2025年までに無くすことが明記されました。児童労働とは、15歳未満の義務教育年齢にあたる子どもの違法な労働、及び16歳~17歳の危険・有害な労働を指します。国際条約で禁じられているものの、国際労働機関(ILO)が2017年に発表した最新の推計では、世界には1億5200万人もの児童労働者がいるのが現実です。これは世界の5歳から17歳の子どもの10人に1人にあたります。児童労働は子どもたちが健やかに成長できる機会を奪ってしまうだけではなく、子どもを安価な労働力にすることで、おとなが適切な賃金で労働する機会も奪ってしまうのです。これは、この目標8の中のほかの項目だけでなく、SDGsの中の教育や子どもの暴力などにも関わる大きな問題です。
 
私たちACEは、1997年の発足以来、世界の児童労働の問題に取り組んでいます。児童労働の6割は農業分野で起きていることから、インドのコットン生産地とガーナのカカオ生産地でコミュニティ単位で児童労働をなくし、大人の収入で家族が生活していけるように、教育支援、収入向上や職業訓練のプログラムを行っています。また、日本でも児童労働の問題の重要性・緊急性を訴え、児童労働のないフェアな商品を買うことや、企業との協働により児童労働に加担しない「エシカル」な商品づくりも行っています。
 
強制労働・現代の奴隷制・人身売買や児童労働に取り組むSDG8.7の目標達成のためには、グローバルレベルでの連携も不可欠です。ILOはSDG8.7 Allianceをスタートさせました。このゴールの目標達成に向けての戦略策定や資金メカニズムなどの設立を目指しています。(http://www.sdg-alliance8-7.org/)
 
人が生きていくためには、仕事は欠かすことができない人生の一部です。しかし世界には多くの人が適切とはいえない労働条件で働かざるを得ず、さまざまな形での搾取が横行し、貧困の状態に置かれたままとなっています。持続可能な開発目標が目指す貧困の解消のためにも、この「目標8」を実現する必要があるのです。
 
(参考)
目標 8
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

8.1  各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。
 
8.2  高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上及びイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。
 
8.3  生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性及びイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。
 
8.4  2030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導20 の下、持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。
 
8.5  2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
 
8.6  2020年までに、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
 
8.7  強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終らせるための緊急かつ効果的な措置の実施、最悪な形態の児童労働の禁止及び撲滅を確保する。2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅する。
 
8.8  移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。
 
8.9  2030年までに、雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
 
8.10 国内の金融機関の能力を強化し、すべての人々の銀行取引、保険及び金融サービスへのアクセスを促進・拡大する。
 
8.a  後発開発途上国への貿易関連技術支援のための拡大統合フレームワーク(EIF)などを通じた支援を含む、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。
 
8.b  2020年までに、若年雇用のための世界的戦略及び国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。
 
一覧に戻る

ギフト

3,000

①ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|3,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
174人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

10,000

②ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|10,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
142人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

30,000

③ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|30,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

50,000

④ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|50,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

100,000

⑤ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|100,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

300,000

⑥ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|300,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

300,000

⑦SDGsに関する講演会・ワークショップに講師を派遣|300,000円

■SDGsに関する講演会・ワークショップに講師を派遣
(会場費等の実費は申込者負担)

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

500,000

⑧ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|500,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

1,000,000

⑨ACEのSDGs達成を応援!全額寄付コース|1,000,000円

■活動報告メール

【寄付金控除対象】
★本コースは税制優遇の対象となります。寄付受領書の発行をいたします。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

1,000,000

⑩ACEスタッフによるインドまたはガーナ支援地へご案内|1,000,000円

■ACEスタッフによるインドまたはガーナ支援地へご案内
(旅費・滞 在費等の実費は申込者別途負担)

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年12月

プロジェクトの相談をする