クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

公立図書館に『アンネの日記』など376冊の本を寄贈したい!

赤山みほ

赤山みほ

公立図書館に『アンネの日記』など376冊の本を寄贈したい!
支援総額
622,000

目標 530,000円

支援者
62人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年05月29日 23:58

図書館資料の毀損への関心

 アンネフランク関連書籍の毀損事件以降、図書館資料の毀損への関心が高まっているようです。既に新着情報でお伝えいたしましたとおり、公立図書館での破損資料の展示は珍しいものではありませんが、小平市立小川西町図書館(東京都)の展示会がNHKニュースや各種メディアで取り上げられています。

 

(小平市図書館ウェブサイト https://library.kodaira.ed.jp/news/?id=86より画像引用)

 

ページが切り取られた本の展示会/NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140526/k10014722341000.html

 

東京)「本が泣いています」小平の図書館で破損本展示 - 朝日新聞デジタル

http://t.asahi.com/eumy

 

展示:「本の汚しや破損、現状知って」 小平の図書館、14日まで 東京/毎日新聞

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/m20140509ddlk13040101000c.html

 

また、最も被害数が多かった杉並区では、寄贈本の展示などが行われています。特別展は9月3日まで行われているそうです。

 

「事件、風化させない」杉並の図書館でアンネ・フランク展 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/140502/trd14050221180014-n1.htm

 

今回の事件で公立図書館の「本が泣いています」というキャッチフレーズが浸透して、破損されることが少なくなれば良いなと思います。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

お礼状

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

お礼状+ALISしおり三種+ALIS特製ブックカバー(文庫)

支援者
26人
在庫数
12

30,000円(税込)

お礼状+ALISしおり3種+ALIS特製ブックカバー(文庫)+プロジェクト報告会DVD+定例会での基調講演

支援者
4人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする