この紙面を見て、正直なところ、とても不思議な感じがしました。この感じは、何なのでしょうか。先輩からも、同じ思いがあったと聞きました。

 

こうした掲載で、逆にプレッシャーを感じるのは、何故かと、株式会社設立中の学生起業家スタッフ仲間と話し合いました。

 

そして、そうか! こうして話し合っている私たちは、なにも実践していなかった時のプレッシャーから開放されたところで、ともかく、いま話し合っているのではないかと。

 

しかし、私たちの結論は、どこかに既にあったようなそこに行きつくのか、そうでもないのか。

 

新着情報一覧へ