Readyfor?7日目、後26間

 

一冊の本が人生を変える事があります。

 

「笑って死ねる人生がいい」

 

その一言が僕を冒険の道へと向かわせてくれました。
恩師との経緯についてはプロジェクト本文に書いてあるので割愛しますが、

 

笑って死ねる人生がいい、その言葉が僕の背中を押し続けています。

 

冒険に行くのは、やはり怖いです。
怖くて怖くて逃げ出したい。
そんな時は、僕のバイブル。恩師の冒険家・大場さんの著書「笑って死ねる人生がいい」を読み直します。

 

 

 

 

この本、100回は読んでます。

 

今までの冒険にも全て持って行っています。
ページを開くと恩師の冒険の話だけではなく、苦労や困難と戦い克服する姿が描写されており、読む度に立ち直るきっかけをくれます。

 

表紙を開くと、恩師に書いて頂いたサイン

 


迷わず進め正直の道

 

 

大場さん
僕は正直の道を迷わず進んでいるでしょうか?
僕はいつかあなたのようになれるでしょうか?

 

恩師の存在がいる事に救われています。

 

恩師が背中を後押ししてくれたように、このプロジェクトが広がって、誰かの背中を押し、一歩を踏み出すきっかけになればと願っています。

 

 

 

そのきっかけを作り出すのは、みなさんの支援です。

 

 

新着情報一覧へ