それは、これまで私が8年で1,200人以上のひとり親家庭の相談を受けて分かった、各家庭の「社会からの孤立」という負の連鎖を、「子どもも大人も皆でつくる農園」を通して断ち切れる!と思ったからです。ひとり親家庭は、特に子どもが小さい頃や病気の時には子どもを置いての外出が難しく、付き合いもなくなりがちです。私もそうでした。家庭に引きこもりがちになるんです。
そうすると、親同士の交流が少なくなって子育てに関する情報交換もできません。でも、そこに子どもも大人も皆が集える「農園」があれば、、農作業を通して孤立しがちなひとり親家庭の子どもも、親自身もつながりを作っていけるんです。一緒に収穫を喜びあうこともできます。

この農園で無農薬野菜を作り、今年作った野菜は、まず50軒の身近で経済的に困っている家庭の皆さんに届けたいのです。
ですが、50軒に届ける野菜を作るには今の2〜3人ではできません。
だから機械を必要としているんです。

皆さんから頂いたご支援があれば、農業機械が買えて、
「50軒の経済的に困っている家庭の皆さんに、無農薬野菜を届ける」夢を
叶えることができます。

「ひとり親家庭が、安心して子育てをできるつながりを生むこと」
「作った野菜を通して、家庭の貧困の助けたい」
そんな願いからこのプロジェクトが始まりました。
全国の皆さんに、こんな「ひとり親家庭」の熱い想いが届きますように。

新着情報一覧へ