【名古屋での上映イベント終了】

 

ご報告が大変遅くなってしまいましたが、

去る9月26日、名古屋セカンドビジョンにて行われました

中間正太さんの音楽ライブ「名古屋をのぞきに行こう」

にて本プロジェクトの作品「頬と左手〜それでも僕らは生きてゆく〜」を上映する機会を頂きました。

 

ライブに集まった50名ほどのお客様の前で、福島の子どもの現状や福島から生まれた新しい取り組みについてお話しをした後、作品を上映。

 

上映後は、中間正太さんの素敵な音楽ライブが。

 

左:「頬と左手〜それでも僕らは生きてゆく〜」音楽を担当したミュージシャンの中間正太さん

右:Fukushima Kids Movie Project 代表のニシザカ・ライト

 

 

 

 

【12月に上映会の予定】

作品の完成からまもなく半年が経とうとしています。

6月、7月、8月、9月と上映会を重ねてきましたが、少し間をおいて次回は12月に上映会を予定しています。

詳細が決まり次第ご報告いたします。

 

 

 

【特典DVDまもなく完成】

上映会がない10月はDVDの特典映像の制作に集中。

無事、撮影も終わりまもなく全ての編集作業が完了します。

パッケージのデザインもこんな感じに仕上がりました。

 

※内容とパッケージデザインは変更する場合があります

 

 

《DVD内容》

 

○頬と左手〜それでも僕らは生きてゆく〜(約8分)

○福島で生まれた新しい取り組み1〜移動保育プロジェクト〜(約3分)

○福島で生まれた新しい取り組み2〜屋内遊戯施設 ペップキッズこおりやま〜(約2分)

○福島で生まれた新しい取り組み3〜コミュニケーションを豊かにするお絵かきアプリ「マジコレ」〜(約3分)

 

 

DVDに収録される内容は以上です。

11月にはDVDの他にWebサイトの完成も予定していますので、もうしばらくお待ち下さい。

 

 

 

 

Fukushima Kids Movie Project 代表

ニシザカ・ライト

 

 

 

 

新着情報一覧へ