2年程前の日経新聞ですが、厚生労働省が医療機関に対して調査をしたところ
2011年において約4千人の性同一性障害患者が数えられ、しかし多くの人は受診しないので実際にはその10倍以上、4万6千人の人が全国にいると推定される。とありました。
これは2800人に1人の割合です。
赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時浴びるホルモンの影響で体と心の性が違う赤ちゃんが生まれるという説もありますが、まだその原因はよくわかっていないそうです。

性同一性障害、ということをまだ知らない子どもの時は、自分の体と心の性の違いがわからず、
一体自分は何なんだ?と戸惑ったと当事者(性同一性障害の方)が言ってらっしゃいました。
ここではたった2行で書いてしまいましたが、実際には心の迷いや動揺、子どもの心では理解できない沢山のことがあっていくら私が想像してもしたりない程の苦悩があったと思います。

大勢の方が関心を持って理解し合えたらいいと思います。
新着情報一覧へ