GNLF三年、島崎による2014年度本会議の報告。

 

私が去年一般参加者として出席したブルガリア本会議は、経済格差がテーマでした。

経済格差というと、日本国内でも取り上げられることの多い問題ですが、それを比較的発展途上国からの参加者が多い場所で語るとなると、なかなか難しい技でした。
絶対的な貧困の差があまりに違いすぎるため、日本で、それもめぐまれた環境で育ってきた自分は、言葉に詰まってしまいがちになるのです。理解してはいても、それをアウトプットしてぶつからせることの難しさを痛感しました。

 

セッションの外の自由時間においても、他の海外参加者と深く交わることが出来ました。移動中のバスの中で、チュニジアからの学生とあれこれ語り合ったことは、今でも強く覚えています。GNLFの本会議の魅力の一つは、各国からの参加者の人数が各2名と圧倒的に少ないため、幅広い国の子と一対一の、それも深い関係を築きやすいところにあると思います。

 

今回は平和がテーマということで、講演や議論そのものが重要であることは言うまでもないですが、GNLFのもう一つ大切にしているもの、Human Networkも存分に築いてもらえるようなものにしたいと思っています。

 

 

新着情報一覧へ