READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

【少量生産】こだわり頑固農園の香り豊かなベトナムコーヒー

JKC GLOBAL

JKC GLOBAL

【少量生産】こだわり頑固農園の香り豊かなベトナムコーヒー
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

4,960

目標金額 50,000円

支援者
2人
募集終了日
2020年6月29日
2人 が支援しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

はじめに

 

※今回の表紙の焙煎機の中で回るコーヒー豆の写真は当社ダクラク工房での作業風景です。

今回契約を目指す農場さんの作業風景は撮影が認められていないためイメージとして掲載させていただきました。

今後交渉が進展し当社で豆を焙煎できるのかや、農場さんで火を入れていただくのかは進捗として今後速やかに開示・ご報告させていただきます。

 

▼自己紹介

 

貴重なお時間、ご覧いただきありがとうございます。

JKC GLOBAL吉川徹と申します。

 

私たちは焙煎士でもバリスタでもありません。酒蔵であり、コスメメーカーであり食品メーカーでもある変わった会社であり、米麹からお酒・コスメ・食品を微生物から作るバイオテクノロジーのベンチャーです。

7年間日本に留学し、酒類販売に携わりワインソムリエ・日本酒の唎酒師(ききざけし)の資格も取得した創業者チョウ・テヨン氏により創業されました。

現在も釜山の大学で微生物研究者として勤務する傍ら、釜山市の街づくりにも参画、市や区の支援を受けながら醸造工房・観光所も釜山「甘川文化村」に開設しました。

 

乳酸菌をはじめ菌類の研究者として母国で貢献できないかと思案、韓国伝統マッコリの製法を利用した米から作るライス・ワインを考案、白米からホワイト、黒米からレッドのライスワインを生み出しました。

韓国釜山にて微生物研究から始まり伝統の製法に加え日本酒やワインの技術を取り入れ

「発酵」を追い求め、飲む・食べる・肌をメンテナンスする(洗う)などすべてのライフシーンそして幅広い年齢層に向け商品を展開、そしてなにより「お世話になった人たちにお礼がしたい」創業者たっての願いで日本にも商品をご提供できる拠点が出来るようになったのが今回のきっかけです。

 

創業者チョウ・テヨン氏
 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

先日、ジャコウネコのふんから獲れる「コピルアク」をご紹介しました。

日本の社内でせっかくだから研究している腸内発酵のコーヒーの延長で

「気軽に普段飲みできるコーヒー」も開発しようとなりました。

 

「なかなかこだわり強かったあの農園さんやその周辺のロブスタ種の農園の豆でできないかな?」

 

そしてもう一つ。このREADYFORさんを選んだ理由がここで出されている豆や、おいしいコーヒーを飲むツールなどコーヒーを愛する方が集うファンドだと認識しているからです。

後述する農園から大粒豆2種を仕入れ、非常に珍しい50:50で組み合わせ少し日本には少ないしっかりと火を入れた仕上げをし、

 

『Venustyle Hide&Seek』

 

を完成させました。

少量だけになるのですが、この機会にお試しいただければと思います。

 

商社や専門家の方々のようにたくさんの種類を日々テイスティングはできませんが、「ヒトクセ」ある農園でこだわりの工程で、人々も商品も街も非常に魅力的で是非紹介できればと思います。

 

▼プロジェクトの内容

 

日本のコーヒーショップで飲めるさっぱりしたコーヒーもとても良いのですが、豆や焙煎などの組み合わせで味は無数にあります。しっかりとしたボディーで飽きが来ない、勉強中や仕事中に気分を切り替えたいようなシチュエーションで飲めるコーヒーを作りたいというのが今回の狙いです。

ただし強すぎないカフェインで、口当たりから飲み込んだ後半まで味と香りのバランスをとるように研究を重ねました。

ただ今回は生産量と輸送に問題があり50名様分だけしか輸入していません。

 

収穫後の豆。お届けする豆がこの中にあります。

撮影が許されておらずこちらをメールでもらいました。

 

理由はジャコウネコの当社農園と違い、新しい農園さんとの取引ですが、なかなかの職人さんのため乾燥や焙煎にかなりのこだわりがあります。

例えばライトな焙煎も用意したら比べられて面白いですし、袋の中が仕切りがあり同じ豆でも違う焙煎を比べたらその農園のファンの方がきっと増えると思います。

私は業界や研究者が生むのも大切ですが、最終的に豆の最前線=お客様だと思います。

トレントや嗜好で仕上げを調整できたらと思います。

 

そして今回のポイントが豆の品種が「ロブスタ種」です。

通常日本で召し上がっているのがアラビカ種です。

世界で6-7割程度で回っているとされており2割強ががこのあまり聞かないロブスタ種です。

私も最初見たとき大きな袋に「Robsta」って書いてあるのはえびというニックネームかと思ったくらいです。(エビのロブスターはLobsterと綴りが違うのですが・・。)

 

一般的にロブスタ種は

 

・栽培しやすい

・病害に強い

・苦味がある

・コクは少なめ

・ベトナムでは一般的

・日本ではインスタントによく使われる

・アラビカにわずかに足す(インパクトを出すため)

 

という特徴があります。

逆に言えば、それだけポピュラーなので参入しやすくあらゆる農園があり、

 

「ベトナム国内ならば、かなり差がつく」

 

バラエティー豊かで競争が激しい品種です。

 

初めて口にしたビールが苦かったように、ビターなロブスタ種もこんなにおいしいんだと微力ながら普及のきっかけになればうれしいです。

 

今回は正式にその「ダラット」地区の農園と販売契約ができるよう日本の方にご支援いただき、その結果をもって

 

「ここまで日本の方々に応援していただけたので是非違う仕上げ方も作ってほしい」

 

とお願いするのが目標です。

たくさんの方に届けてご紹介するのは今ではありません。

 

細かい焙煎工程や時間は明かされていませんが、

 

焙煎

乾燥

甘み調整

香り調整

苦味調整

 

という工程を、秒単位で行っている農園です。

 

年初に埼玉県で士業の方たち向けに小さな試飲会を開催したのですが、強めなビターさとロブスタ種の僅かに持つコクはかなりの高評価でした。

是非日本にという声を頂きました。(その際はロブスタ種での提供)

ロブスタ種のみでかなりビターな仕上がりだったので、コーヒーを普段召し上がらない方にも合うように今回はアラビカ種を半分入れ、飲み込んだ直後の香りがマイルドになる仕上がりにしました。

 

『Venustyle Hide&Seek』

 

という名前のHide and Seekには「かくれんぼ」という意味があります。

ご自宅やオフィスでアピールしすぎないくらいの存在感で、猫や犬がひょっこり覗いているようなかわいい存在感を放ってほしいという意味が込められています。

 

 

ホーチミン市の夜景

中央のビルは通称カフェビルと呼ばれ、数十のカフェが日夜競い合います。

 

ベトナムは今世界からカフェ好きを多く集めます。

気候や人も穏やかでまじめにコーヒー豆を育て質は高く量も安定して生産しています。

丁寧に作り込んだ豆が多く、毎回新しい発見ができるこの国でコーヒー生産の一翼を担います。

 

「JKC GLOBAL」社は酒蔵であり、コスメメーカーであり食品メーカーでもある変わった会社です。

 

ライスワインとこんにゃくゼリーは日本からのお客様でもご存じの方がお買い求めいただきSNS等に掲載していただけるようになり、少しだけ知名度が出てきている印象です。

販売所もロッテ百貨店や新世界百貨店、釜山港国際フェリーターミナルで展開するくらいにゆっくりとですが成長してまいりました。

今回のコーヒープロジェクトには日本独自企画・運営です。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

1番の目指すゴールはダラット地区のこだわりのちょっぴり頑固なコーヒー農園との独占契約です。

最大手の農園と隣接するベトナム国内では一等地の土壌であり、メンテナンスは勝るに劣らずのきめ細かさを確認しています。

またその周辺も同じ土壌のため人と機材で微妙な差は出ますが大粒で香り高い上室な豆が生産できる地域です。

今回召し上がって頂ける最大50人の皆様にはロブスタ種とアラビカ種を組み合わせた可能性を改めて実感していただけると思います。

以前失敗してしまった象のふんから採れるコーヒー「ブラックアイボリー」も試す価値がある地域です。

 

現在、試飲会で絶賛されたロブスタ種のみのプレミアム版の豆の栽培・研究を行っています。

7月~8月にかけて今回の結果と合わせてその農園と契約・そして共同研究をし、秋ごろには日本の皆様に届けられないかと考えています。」

 

リターンのページでアンケートがございます。メールやSNSなどで飲んだ感想をお送りいただくと農園さんに声を届けます。更においしい豆を生み出すためにマストではありませんのがお手すきでしたらご協力いただけましたら幸いです。

 

写真資料が少なく申し訳ございません。

近年のカフェブームでしのぎを削る農園さんたち同士でも、肥料・使用機材や焙煎度合いなど特色を出すため開示しないで作業するところが出てきました。

まるで最新スマートフォンの開発競争のようです。

 

日本で開発したジャコウネコのふんから採れたコーヒー豆も同じ時期にクラウドファンディングで並走させていただいております。よろしければご覧ください。

更に今後はコーヒーに加え、マッコリ乳酸菌から作ったコメのプレミアムライスワインをこの夏以降に日本でご紹介できるよう準備を進めております。

併せてご期待頂ければ恐縮です。

 

私達「JKC GLOBAL」では『Venustyle Hide&Seek』を製造するために、現在ベトナムの農場と日本輸入に向けたプロジェクトを全力で進めています。

5月26日現在、当社農園のダクラクエリアにおいてガソリンスタンドの閉鎖が始まっておりますが移動・輸送に関しバイク便やスタッフの手持ち運搬などいくつかのパターンで現地出発空港まで、また日本への空路も旅客・貨物問わずハノイ・ダナン・ホーチミン3方から万全の体制を敷いて現状は予定通りお届けできる見込みです。

製造・輸入スケジュールについては現在プロジェクト成功を想定した数で豆は調達済みですが、現在の世界的情勢により輸入を伴う通関・検疫・配送作業に伴うやむを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。上記のように、プロジェクトページに記載している内容に変更が出そうな場合は活動レポートなどで速やかにおしらせを行っていく予定です。

しかしながら不測の事態で輸入のメドが立たない場合や明らかに遅れる場合、正式に日本ベトナム間の人の行き来が可能になるといわれる10月以降にスタッフがベトナムに行き、再度豆を調達の上改めて輸入手続きをとらせていただきたいと思います。こちらも伏せて支援者様にご報告させていただきます。


皆様がこの『Venustyle Hide&Seek』を笑顔でご利用頂けるよう丁寧に情熱をもって対応して参ります。今後もわくわくする商品開発に邁進します。よろしくお願いします。

 

本プロジェクトはAll or Nothing 方式となります。
支援総額が目標金額に1円でも満たない場合、全額支援者様に返金される方式です。
支援金が目標金額を超えたプロジェクトのみが成立になります。

 

http://gidarim.co.kr/ 韓国JKCRAFTのサイトです。

https://www.instagram.com/gidarim.official/ 韓国版インスタグラム

https://www.instagram.com/jkcglobaljapan/ 日本版インスタグラム

https://twitter.com/JKCGLOBALJAPAN 日本ツイッター

https://ameblo.jp/jkcglobaljapan/ 日本版アメブロ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・プロジェクトの終了要項
プロジェクト実施完了日     2020年08月31日(月)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

JKC GLOBAL

JKC GLOBAL

キダリム・キダリョオンが『釜山』から日本に上陸。酒蔵です。微生物研究からライスワイン、化粧品、こんにゃくゼリーを生みました。バイオテクノロジーのベンチャー。PBやOEMも可能です。ベトナムの農園でコピルアク開発他。

リターン

2,480

『Venustyle Hide&Seek』100g

『Venustyle Hide&Seek』100g

こだわり&ちょっぴり頑固な農園が育てたアラビカ&ロブスター種の融合。丁寧にしっかり焙煎、舌に乗ってから香りの深さが実感頂けます。挽いた状態で100gお送りいたします。正式契約できるよう皆様のご支援をお願いします。(ご支援後のメッセージは翻訳し農園に届けます)
オフィスやご自宅でお仕事や勉強の合間にお楽しみください。
輸入のタイミングが不安定なため余裕をもって8月を予定しておりますが、輸入次第7月出荷も準備しております。
50袋のみの少量限定出荷です。
写真は本商品『Venustyle Hide&Seek』の豆です。

不測の事態で輸入のメドが立たない場合や明らかに遅れる場合、正式に日本ベトナム間の人の行き来が可能になるといわれる10月以降にスタッフがベトナムに行き、再度豆を調達の上改めて輸入手続きをとらせていただきたいと思います。こちらも伏せて支援者様にご報告させていただきます。

支援者
2人
在庫数
48
発送予定
2020年8月

プロフィール

キダリム・キダリョオンが『釜山』から日本に上陸。酒蔵です。微生物研究からライスワイン、化粧品、こんにゃくゼリーを生みました。バイオテクノロジーのベンチャー。PBやOEMも可能です。ベトナムの農園でコピルアク開発他。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

東京発の女子ビーチハンドボールチームサポーター募集!

thetis.tokyo@gmail.comthetis.tokyo@gmail.com

#スポーツ

100%
現在
501,000円
支援者
50人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする