群馬県では獣医師会が中心となって、獣医師が小学校や幼稚園に出向き、実際に動物達と一緒に授業を行う先進的な試みをかなり前から行っています。素晴らしいと思います。

怖がって触ることができない子や知識だけはよく知っているが実際には触ることもできない子など様々。

 

 やはりその中で、小さい頃から動物に触れている子供達は落ち着いて優しく触ることができ、私の勝手な主観かもしれませんがとても落ち着いている子供が多いように感じます。

 

動物という相手に対しての思いやりができる子供は

人に対しても思いやりのある子に育つ。

 

そういった情操教育は世界中で活発に行われることを期待したいし、私もアジアでそういったことに積極的に参加したいと心からそう思います。

新着情報一覧へ