プロジェクト概要

詩集「KAMI」を映像にし、出来上がった映像をネットの動画サイトを通じて世界中の人々に届けたいと思います。

 

詩集「KAMI」著者の芦田 良貴と申します。昨年末に詩集「KAMI」を出版しました。今夏、俳優、ミュージシャン、ダンサーなど多くの友人たちの応援で、六本木にて発表会を催すことができました。朗読にとどまらず音楽や歌やダンスによる総合的な演出が観客に大きな感銘を与えました。今回は、朗読(英語)とピアノ演奏(オリジナル曲)に効果音やイメージ等を加えながら、超日常的な、それでいて「KAMI」の優しさが身近に感じられる不思議な映像作品を創って、ネットで配信することにより世界中の人々にこの感動を伝えたいと考えています。

 

しかし、映像作成のための予算が不足しています。
みなさまのお力をお貸しください。

 

 

「KAMI」は、神と自己、天国と地上、永遠と瞬間、存在と無、生と死などについて詠った詩18編(日本語版・英語版)から成る詩集です。

 

僕は特定の宗教を信じているわけではありませんので、誤解されないように敢えて「神」とせずに「KAMI」と表記しました。外国の人がこれを読む場合でも「KAMI」が「エホバ」や「アッラー」を表すものではないことが解っていただけることでしょう。「KAMI」は僕たちが住む日常の世界を超日常の観点から眺めた時に見えて来る実在です。例えて言えば、バーチャルな世界に住む人工知能を備えたアバターが自分や自分の住む世界がC言語で書かれた存在だと悟った瞬間にプログラマーの実在を確信するように、僕たちは自分や自分の住む世界が「KAMI」の言葉で書かれた世界だと悟った瞬間、その実在を確信するようになるのです。バーチャルな世界に住むアバターが決してプログラマーの姿を見ることができないように、僕たちも「KAMI」の姿を見ることはできません。なぜなら「KAMI」は僕たちの住む世界の次元には居ないからです。しかし、「KAMI」は実在します。実在するどころか、僕たちは「KAMI」とコミュニーケーションをとることだってできるのです。ちょうど、アバターがインターフェースを通じてゲーマーと心を通わせることが出来るように。この詩集を映像化することで皆さんに「KAMI」を身近に体感していただきたいと考えています。

 

皆で同じ映像、音響の世界に身を投じ共感することで苦しみが喜びに変わるのではないかと考えています。

 

今、世界中に災害や紛争や疫病など、人々を苦しめる理不尽な災厄が蔓延しています。今も昔も、そのような悲劇は世界のいたるところで起こっていたのかも知れませんが、世界の出来事が密接に関連し合いネットで情報が共有されるようになった今日、誰もがその悲劇から無縁であることはできないのです。ならば逆にネットを通じて世界の人々と繋がり共感することで何か大切なものを伝えることができるのではないかと考えました。

 

 

この詩に触れることによって、その人生に意味を見出し真の癒しと解放を得ることで、心から喜びを感じてくれることと思います。

 

そのためには、まず詩集「KAMI」を世界の共通言語に翻訳しなければなりません。それには言語を単に英語にするというだけでは不十分です。確かに英語は世界で最も普及している言語かもしれませんが、その普及率は6割にも満たないでしょう。音楽とイメージ、これこそが世界の真の共通言語です。不条理な運命に弄ばれて苦しんでいる人々、政治的な救済や金銭的な支援の及ばない人々、真に心の救済の必要な人々が、「KAMI」の映像を見て感動し生きる力を得てほしいと考えています。その映像制作のために資金が必要です。ご支援とご協力をお願いいたします。

 

 

 

今夏、開催した「KAMI」の発表会の成功がこのプロジェクトを行うきっかけになりました。

 

六本木で、僕の大切な友人たちが詩集「KAMI」の発表会を開いてくれたのです。出演メンバーは、アルゼンチン・タンゴのエスタモス・アキを率いる作曲家でバンドネオン奏者の田辺さん、エスタモス・アキの歌手で女優もされている長浜さん、作曲家でピアニストのHIROさん、そのHIROさんと組んでユニット・Blue Moonのダンサーをつとめる千鶴さん、表現舞踏の華湖さん、コンテンポラリーダンサーの真美さん、という顔ぶれ。僕も朗読を少々。そして、会場風景を撮影してくださったアート・アンサンブル・グリーン主宰の可知さん、この発表会を観に駆けつけてくださった大勢の僕の友人たちとお客様に囲まれて約二時間の公演になりました。演目は下記のとおりです。

第1部

1. プロローグ (Prologue)

2. 天国のマクドナルド (McDonald’s in Heaven)

3. 因果律 (Principle of Causality)

4. 神が被造物に捧げる詩 (Poetry that God gives His creatures)

5. 神様からの贈り物 (Gift from God)

6. 存在の証明 (Proof of Existence)

7. 森の光景 (Forest Scene)

第2部

1. 中間テーマ (Middle Theme)

2. 夏の風 (Summer Wind)

3. 青いクマ (Blue Bear)

4. 守護神 (Guardian)

5. 永遠より美しい瞬間 (Beautiful Moment more than Eternity)

6. 黄昏の風 (Twilight Breeze)

7. 聖なる行為 (Sacred Act)

この時の感動をそのままに世界の人々に届けたくて映像化とネット配信を考えました。ぜひご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

【引換券について】

 

3,000円の引換券

 

・サンクスメール

・詩集「KAMI」1冊

 

10,000円の引換券

 

・サンクスメール

・詩集「KAMI」1冊

・詩集「KAMI」を映像化したDVD1枚

 

30,000円の引換券

 

・サンクスメール
・詩集「KAMI」1冊

・詩集「KAMI」を映像化したDVD1枚

・映像の最後にスポンサーとしてお名前を入れさせていただきます。

 

【For International Supporters】

 

https://readyfor-img.s3.amazonaws.com/ckeditor_assets/attachments/74102/5fbc6de45f91afe24f59153e4ca23f3b02472fa6.

 

 


最新の新着情報