看護職への道を、拓くために

 

 

今週末には、ネットで見つけていただいた方から、
去年、支援をしていただいた方から、
知り合いの方から、計5万円の支援をしていただきました。
本当にありがとうございました。

 

READYFORでのクラウドファンディングは、日本にかなり定着したようです。
そのため、現在月に200程度のプロジェクトが掲載されるようになりました。
日本初のクラウドファンディング・寄付文化が

日本に根付くきっかけをつくったREADYFOR。


そして、社会的問題に取り組むプロジェクトを

多く取り上げていることも素晴らしく感じています。

去年は、掲載プロジェクトは今ほど多くなく、私は運よく

READYFORのFBへの掲載、トップページでの紹介をしていただきました。

 

それだけでなく、週に1度のメールマガジン、

ネットではCBニュース・Yahooニュースと数多く掲載されました。
そのおかげで、多くの方からの支援を受け、

プロジェクト達成となりました。


しかし、今年度はこのような状況には至っておりません。

READYFORのFBには紹介されましたが、

他の4つについては掲載されていません。
人の目に触れる機会が、ずいぶん少なくなってしまいました。

 

それでも、去年から始めたFB・ツイッターと、

毎日更新のブログを通してプロジェクトを多く見ていただき、
見ていただいた方からも、支援をいただけるようになってきました。

拡散していただいている方々も含め、感謝しております。

 

残りはあと2週間。もし、プロジェクトが成立しなくなった場合、
奨学生制度が消滅することになります。
シングルマザーの方々は、生活がかかっています。
そして、その子供たちのことも心配です。

 

シングルマザーの方々は、進学先では、ほとんどの方が優秀な成績です。
そして卒業され、資格を取り、夢をかなえます。

就業し、社会へ貢献する力となっていきます。
この地域に残り、地域社会を支える大切な存在へとなっていくのです。


そのきっかけとなる「入り口の支援」がないと、

すべて消えてしまいかねないのです。

 

私ができることは、限られています。
皆さんのご支援が、シングルマザーとそのお子さんを支えるのです。
ご支援・情報の拡散で9名のシングルマザーとお子さんを、

今の状況から変えることができます。


あと2週間、よろしくお願いします。

新着情報一覧へ