雲から光が差したような感覚に

 

【前回記事】貧乏から貧困に転落してしまう人には
3つの無縁(家族との無縁、地域との無縁、制度との無援)と
3つの障害(知的障害、発達障害、精神障害)という共通点があること。
からの続きの文章。

 

先回記事のこのまとめから、3つの無縁のうち、ひとつでも切り崩せば、
貧乏から貧困に転落することのブレーキになると。私はそう、捉えた。
そして現在行っている、クラウドファンディングで

「地域との無縁・制度との無援という部分の解消を狙えばいい」と、
考えるようになった。

 

【今回記事】結論は、脳のトラブルの結果として陥る貧困というものがあること。そして貧困状態の継続は、その脳のトラブルを悪化させるということ。
そしてそうした当事者の痛みや苦しみは、見えない、理解が非常に難しい(自身が当事者になってみるまでわからない)ということだ。

 

私は縁あって、准看護学校で授業をしている。
今年度の「10月からの授業のヒント」を、この文章からいただいた。
講師をしている准看護学生の約3割は老人保健施設へ就業する。
そのことからも、この理解をいかに図るのかを考えていきたい。

 

鈴木大介さんの「確信」に、応えるためにも。

見えない苦しみほど、過酷なものはない。

新着情報一覧へ