READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
成立

カミギン島の子ども達にけん玉の魅力を伝えたい!

佐々木 桂

佐々木 桂

カミギン島の子ども達にけん玉の魅力を伝えたい!

支援総額

270,000

目標金額 250,000円

支援者
42人
募集終了日
2015年8月13日
42人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年07月15日 18:18

元気玉。

クラウドファンディングのページを公開してすぐに、これまでに出会った様々な人にメッセージを送る…というのを行っていたのですが、ふと、

「クラウドファンディングって、ドラゴンボールに出てくる『元気玉』みたいだな…」

と。

皆から、少しだけ"元気"を分けてもらって、それを集めて大きなエネルギーに変える。

そして、魔人ブウ戦での元気玉のように、これまでに出会った人たちから分けてもらった"元気"と、サタンが「ファン」達から集めた"元気"…

二つのアプローチからの元気が一つになっての最後の勝利。

ここに、クラウドファンディングの大切な要素がある気がしてきています。

まず、やるべきことは、"これまでに紡いできたご縁"からの"元気"を分けてもらうこと。

そこから先、どれだけの"未知数の元を集めることができるのかが、開始後1週間が経過してからの勝負どころなのかなと。

何はともあれ、久しく疎遠になっていた方の存在に気づき、連絡を入れる契機になったという意味で、僕自身への「リターン(埋没しかけていたご縁の発見)」が得られた気がして、それだけでも、チャレンジしてみたかいがあったなと感じているところです。

とはいえ、まだ、半分にも満たない方にしか、メッセージを送ることができていないので、今日中には、この"ご縁ライン"ミッションは攻略していきたいなと!

さっ、クラウドファンディングチャレンジ、2日目…油断せず行こう!
一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスレター
■KROM けん玉 nano。(デンマークのクロムというメーカーの極小けん玉です。)

支援者
32人
在庫数
制限なし

10,000

■サンクスレター
■北海道のロゴをレーザー刻印したけん玉。

支援者
11人
在庫数
3

30,000

■サンクスレター
■札幌在住のチョークアーティスト笹森花絵デザインの「豚紳士」けん玉。

支援者
1人
在庫数
7

50,000

■サンクスレター
■貴方の愛犬or愛猫をモチーフにした世界に一つだけのペイントけん玉。(デザイン:札幌在住のチョークアーティスト笹森花絵)

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする