サラセミアの症状の一つは貧血です。異常な赤血球ばかりが作られてしまうことによる貧血なのですが、極度の貧血になると倦怠感、食欲不振などとても辛い症状がたくさん出てきます。また身体の抵抗力も下がってしまうために、更に他の病気かかってしまうことも度々です。貧血を改善するには輸血しかありません。そのために入院も度重なり、大好きな学校も休まなければならないことは、精神的にとても大きな負担です。

 

院内では、そんな憂鬱な時間の気を少しでも紛らしてもらえるように、待合所にはアニメーションなどの映像を流したり、遊びの空間を作っています。…でも、繰り返しの輸血・入院が永遠に続くと考えただけで、私もため息が出てしまう…。

 

 

 

新着情報一覧へ