しばらくぼんやりして、次に沸いてきたのは、決意のような感情でした
 
お騒がせしたクラウドファンディング、色々ありましたが、昨日プロジェクトが成立しました。応援、ありがとうございました!!
https://readyfor.jp/projects/LISAEXHIBITION
 
***
 
遠くに住むぱぱとふみさん、大親友とご両親、憧れの女性、見守ってくださっている女性、そしてもう一人匿名の方が最後のスポンサーになってくださり達成することができました。(本当に誰なのかわかりません、、もしも、もしも既に友だちの方だったら、何年後でもいいので、いつか教えてくださいね…(;_;)!!!)
 
一方的な支援ではなく、「購入型」となっている仕組みなので、これから、お礼の絵を用意していくことになっています。頑張って描きます!!!!!!!!!
 
いいね、コメント、シェア、応援の言葉、見守り、いろんな形での応援をたくさんありがとうございました。個展をやる理由を見つけたくてはじめたクラウドファンディング、確かに見つけることができたと思います。何とは言葉では固まっていないけれど、なにか今は、迷いなく、肝を据えて取り組むことができる感覚があります。
 
そしてレディーフォーのキュレーターの夏川様に感謝しています。クラウドファンディングには不十分な企画でしょうか、、とおそるおそる問合せした私に、応援してくれる人はいると思います!と背中を押してくれたはじまり。子どもみたいに色々グズグズ言ってる笠井に、最後まで諦めずにやってみましょう!とサポートを続けてくださった最後の10日間。温度を感じるサポートに本当に支えて頂きました。プロジェクト公開までの運びを助けてくださった林様・金高様にも感謝しています。この挑戦に実際に挑むことができてとてもラッキーでした。ありがとうございました。
 
10代の後半はわりと本気でウェブの仕事がしたいと走り回っていた笠井。正しく使えばすごい可能性が生まれるウェブ、ICTに魅せられ。(その後コールセンターが楽しくなり諦めました)IT企業さんはどこも大きな理想と高い志をもってお仕事されている印象です、そのうち実際に温度のある心の通ったサービスってすごく少ないと思うのです。今後クラウドファンディングやってみたい!と楽しい企みがある方は、レディーフォーさん、すごく良いです。ただ、個人でプロジェクトを立ち上げたら、家族や身近な友人を巻き込むことになる、ということを頭に入れておかなければいけません、ええ、これは個人的な反省です。(そこをちゃんと考えずに突っ走って本当にドアホでした、深く反省)
 
みなさまの応援に引っ張られて、良くも悪くもプロジェクト開始した30日前からは別の人間になったみたいです。
 
****
 
ということで11月の個展は、スポンサーのみなさまの支援によって実現することになりました。11月28日(土)から一週間、横浜中華街のAAA Galleryの一部屋をお借りして開催します。
 
個展のタイトルが浮かばなくて、適当に「バナナ展」とか考えていたけれど、「レディーフォー記念展」にするつもりです。今回の事が無かったら、やることはなかった個展だから、感謝を込めての名前にしたいと。
 
プロジェクト成立のお知らせが来たとき、しばらくぼんやりとして、、次に沸いてきたのは、決意に近い感情でした。
 
お金を受け取らないでいるうちは、未熟者だけど頑張れるだけ頑張ります。とかそういうことが言えますが、お金を受け取るということは、それに見合うパフォーマンスを「する」以外の選択肢は無くなります。二言はナシ!
 
楽しんでいただける個展にします。
 
次のDMは絵のポストカードと兼ねたものにする予定でそろそろ作り出します!どの絵にしようかな。
 
 

新着情報一覧へ