ホッピーは私のロックボーカリスト時代のバンドメンバーでした。ディズニーランドのステージに彼がキーボーディストとして参加してくれたのは確か彼が21歳のころ。

 

いつもフランケンシュタインのラバーマスクをかぶってキーボードを弾いていたので、お客様の目は彼に釘つげ!!私も彼を紹介するときは「クレイジーホッピー!」と呼んでいた記憶があります。

 

メンバーの中で一番年下だったのに、物静かで、器の大きさを感じさせる青年でした。ロックバンド時代は私はネネという名前はいっさいつかわずに、サナエという本名をつかっていたので、今でも私のことを「早苗ちゃん」と呼んでくれる数少ないバンド仲間です。

 

彼のインタビューは2回に分けてアップさせていただきます。お楽しみに。

 

 

新着情報一覧へ