クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

高田 裕久(GUMKAミニチュア代表)

世界初!幻のロータリーバイクの複合素材模型を開発したい!
支援総額
2,072,000

目標 4,500,000円

支援者
71人
残り
終了しました
募集は終了しました
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年03月04日 00:55

第1回 細密画家 栗原大輔氏の描くバイク

2月27日からのプロジェクト公開後、早速、20名もの御支援をいただき、

誠にありがとうございます。

 

プロジェクトの紹介文では書き切れなかったことや裏話、こぼれ話、

支援に関する話題などを、こちらで書いていくつもりです。

長丁場の公募期間なので、どうか、お付き合いください。

 

まず第一回目は、細密画家の栗原大輔氏についてです。

 

今回のプロジェクトで、支援の御礼に御渡しする記念品の中で、

御礼状、クリアーファイル、マグカップには栗原大輔氏による

描き下ろしのOCR1000の細密画が使用されます。

 

栗原氏は細密画家のみならず、画文エッセイストや声楽家、

指揮者としても活躍される多才な方で、千葉県のローカル線

いすみ鉄道の国吉駅観光駅長を務めたこともありました。

 

作品展や個展には、ボンネットバスや古い鉄道車輛の展示が多いためか、

プロジェクト準備段階が終わりの頃、ある旧車関係者に

支援御礼の記念品用に栗原氏にOCR1000の細密画を

描いていただくと話したところ、

 

「え~?バイクとか描いてくれるの?」

 

と意外そうな顔をされましたが、知る人ぞ知る事実で、

バイクの絵を何枚も描いています。

 

 

 

 

私は栗原氏のバイク細密画のファンで、新作がポストカード化されると、

買い求めており、今回、企画の発案段階からクリアーファイルと

マグカップのカラーイラストは、栗原氏の細密画を使おうと決めていました。

 

年末の忙しい時期の急な連絡でしたが、事情を説明し、

お願いしたところ、すぐに快諾を頂け、

 

「栗原さんのOCR1000が見られるぞ~!」と天にも昇る気持ちでした。

 

プロジェクト成立の暁には、支援者のお手元に上記の写真のような

雰囲気のOCR1000イラストが描かれたグッズが届きます。

まだ迷っていらっしゃる方は、ぜひ検討材料に加えてください。

 

栗原氏の活動は「栗原大輔精密画美術館」を御覧ください。

 

なお、トートバックはカラーでないため、別のデザインもしくは

イラストを使う予定です。決まりましたら、お知らせいたします。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈

支援者
5人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
37人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
E 発売時にOCR1000のキットを贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載

支援者
19人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

・ サンキューメール
A 御礼状
B 特製クリアーファイル贈呈
C オリジナル・トートバック贈呈
D オリジナル・マグカップ贈呈
F キットに同梱される支援者リストに御名前を掲載
G プロモデラーによる塗装済み完成品を贈呈

支援者
2人
在庫数
8

プロジェクトの相談をする