3連休、いかがお過ごしですか?共同発起人の西部沙緒里です。

 

早いものでこの私たちのチャレンジも最初のコーナーを過ぎ、【81%】を達成、

残り【42日】となりました!

 

 

さてさて、私たち「おもてなしオーケストラ!」では、2020に向け、

今後6年にわたる活動の原動力となる、いくつかの取り組みを始めています。

 

その1つが、「PLAYTANK(プレイ - タンク)」です。

音楽を愛する人たちが集まって、学んだり、がっつり語りあったり。

じっくり音に耳を傾けたり、セッションしたり。

ときには、音のたのしみ方を刷新するような、新しい遊びの発明を企んだりする、

実験ベースメント的な、“場”。

 

 

元を辿れば、この「おもてなしオーケストラ!」の原案も、

発起人メンバーが、飲み語らいながらMTGをしていたある日、

「音楽の可能性」と「2020年」を掛けあわせてみたら、

どんな遊びが開発できるだろう?!という想像(妄想)を巡らせていた矢先に、

生まれたアイデアでした。

 

 

もちろん、最終目標としてベンチマークするのは2020年。

 

ですが、そこに至るまでの6年のプロセスでも、「市民合唱楽団を創る」という

具体的な方法や、関連/派生するさまざまな実験企画を通じ、

感動や発見のある日常を、日々にもっと生み出してゆけたらいいなーと思う。

 

そして、誰のなかにもきっと眠っているはずの“音楽のチカラ”を、
みんなの心に、呼び覚ますことができたら最高だよねーなんて、考えています。

 

 

「PLAYTANK」第2弾イベントは、12月上旬実施予定!お楽しみに〜!