プロジェクト終了報告

2017年06月26日

インドの孤児たちと行く雪山ツアー、無事に終了しました!

この度は、「インドの孤児たちに初めての雪と「家族旅行」を届けたい!」にご支援くださいまして、誠にありがとうございました。

 

皆様のおかげを持ちまして、無事に子供達含め、総勢38名は、6月9日〜20日までの全12日間の雪山ツアーを終了させることができました。心から感謝申し上げます。

 

今回のツアーは、子供達に「初の雪体験」に加え、「家族旅行」をプレゼントすることを目的としていました。残念ながら、実際に雪に触れる「雪体験」とまではいきませんでしたが、雪山を遠くに臨みながら、山岳地帯の暮らしを体験することができたことは、デカン高原のど真ん中で過ごす子供達にとって、一生の思い出に残る「家族旅行」となりました。

 

子供たちから届いた雪山ツアーのレポ

 

【キナウルまでの移動】

キナウル旅行に向けて、全員で集合写真。

 

 

初日の6月9日PM10時、子供達はナグプール鉄道駅に向かい、「Chhattisgarh Express」に乗り込み、約28時間をかけて、6月11日AM2:00に到着予定のアンバラ駅を目指しました。

 

ナグプール駅にて。

 

電車移動の行程です。

 

アンバラ駅に到着すると、日本から来た佐々木先生と向山さんの日本人とも合流し、私たちをサンディープさんとシカンダルさんの二人が迎えに来てくれて、彼らが用意してくれたバスで、リコンピオ(キナウル)に向けて出発しました。

 

このバスで移動。カルパのロックマウンテンエリアでの一枚。

 

どんどん山深くなっていきます。

 

全約388kmの行程を約11時間をかけてひたすら走り続けます。

 

 

すると、

 

目を覚ますとそこは雪国。キナウル(リコンピオ)標高2350m。

 

【キナウルの雪山と異文化体験】

人生で初めての雪とご対面。

 

 

キナウルの寺院も参拝。

 

面倒を見てくれたサンディープさんやシカンダルさんの自宅にもお邪魔し、異文化体験。帽子は、現地の正装です。

 

シカンダル宅で夕飯。

同じインドでも、ナグプールの食事とキナウルの食事とでは、味付けが違います。

南部のナグプールの味付けは、とてもスパイシー。キナウルに住む彼らには、辛すぎて食べることができません。

 

 

中国チベットまで30kmの地域になるチットクルへも。チットクルは、レコンピオから約75kmの距離でも、5時間も費やします。

 

川の水は雪解け水。子供達にとっては信じられないほどの冷たさでした。

 

 

【プラフールからのメッセージ】

We are Thanking for Pannya Metta Youth  and Pannya Metta Japan Committee and all people who help us to visit snowy mountain in kinnaur  our dreams becomes true for you’re support  When we saw that snowy mountain we received a unique experience we saw kinnaur local people standard of living and feeling Indian generality we have experience only Nagpur surroundings but now  we meet with kinnaur local people and now feelings India’s  extent experience to seeing lot of experience now  Specially we have to heartly thankful  to Sikander Bhiaya Sandeeip Bhiaya Swaran Bhiaya Sarjan Bhiaya and Urvashi Bhabhi Without your cooperate Impossible success our journey  once again  Thank you very Much for all  धन्यवाद Thank you Very Much.

 

 

そして、

今回の雪山ツアーを支えてくれた面々です。

彼らがいなければ、実現しませんでした。

本当にありがとうございました!

 

 

 

皆さまからご支援頂いた資金は、

全額、子供達の一生の思い出となる、この旅行費用として

使用させて頂きました。


今回、改めましてみなさまのおかげで、「家族旅行」を

無事に終了させることができました。

現在、ツアーのレポートを作成しております。

リターンとなります、

ツアーレポートの発送につきましては、

7月末をめどとさせていただいております。

 

レポートの発送を持って、本プロジェクトの完了のお知らせとさせていただければと存じます。

 

==========================


最後に、改めまして、本プロジェクトに共感くださり、

ご支援いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

 

我々は、サンガラトナ師が運営する「パンニャ・メッタ・子どもの家」の活動を私たちにできる範囲となりますが、子供たちの笑顔のために続けていきたいと思っています。

 

また、みなさまからのお力添えが必要となった際には

引き続き、暖かい目で見守っていただけると幸いです。

 

今後とも、よろしくお願い申し上げます。