プロジェクト概要

難病の治療法を伝えるために、2015年6月1日から2015年6月15日に6名でアメリカに赴き、リオルダン クリニック、シャクター センター、バージンスキ クリニックで取材を行いたい!

 

はじめまして、映像クリエイターの笠井正俊です。私たちは、2008年から「ミュージックサプリ」というFM番組、2011年から「水上治の健康増進バイブル」という医療を題材とした映像コンテンツを企画制作し、WEBなどの情報メディアを通じて発信しています。医学の進歩にも関わらず、日本人のがん死亡率は年々増加の一途をたどっています。しかし、日本のがんに関する医療は欧米先進国に比べ20年遅れていると言われています。そこで今回“がん”に関する3大療法意外の選択肢について、私たちは日常の生活では得ることが困難な情報を広めるために、ドクターと共に、治療法や予防法を伝える映像コンテンツを制作・発信します。取材のための移動費や滞在費(海外含む)が300万円必要です。

 

日常生活では得られない難病の治療法や予防法を伝えるために、
みなさまのお力をお貸し頂けないでしょうか。

 

番組の画像

(番組イメージです。)

 

世界の医療の現状をコンテンツとして発信すると同時に、
そこで得た情報のアーカイブを来年中に構築するために、取材に赴きます!

 

世界では最新の医療研究が常に行われています。ですが、日本のメディアでは取り上げられないものも数多くあるのが現実です。しかし、エビデンス(証拠・効果)が高いレベルで認められているものや、海外であってもその国が認めている治療法などについて、もっと幅広い情報があるべきではないでしょうか。治療などを選ぶのはもちろん患者さん自身ですが、全ての情報を知った上で選べることが大切だと思います。そこで、番組を更に充実させるために、世界のドクターに研究している最新の治療法やその国の制度について取材をし、それを広くわかりやすく伝えるためのスタッフや、制作・配信におけるシステムの整備やコンテンツの拡大を図りたい。アメリカ、ドイツで難病治療の研究を行う、世界トップクラスのドクターと医療機関に取材を行い、映像と情報のアーカイブ化を行います。
 

記念写真

(1クリエイターとして、自分にできることを模索しています)

 

時には実利主義のドクターに喰ってかかる。
水上治先生との出会いは衝撃でした。

 

全てのきっかけは健康増進クリニックの水上治先生との出会いでした。統合医療という分野の第一人者のドクターということで、それに関わる情報の発信をある方から手伝って欲しいと言われました。水上先生はひたすら患者のためにつくすドクターです。患者の気持ちを受け止め、人間として対等な立場で話をし、その人が後悔の無い医療を受けられるよう世界中の情報を集め、また時には患者の気持ちを無視する実利主義のドクターに喰ってかかる。私の眼にはとても誠実な方に見えました。彼から聞く治療法はほとんどがこれまで耳にしたことの無いものでした。ですが海外ではすでにその効果が認められており、次々と新しい研究が発表されていたのです。方法によってはほとんど副作用の無い治療法も沢山あるということを知りました。このように患者にとって役に立つ情報も、メディアで取り上げられる機会も少なく、ほとんど日本では広まっていません。
 

(すべての始まりは、水上先生との出会いでした)

 

病気で苦しむ患者さんのために一つでも多くの情報をお届けすると同時に、
病気にならないために役立つ世界レベルの情報も伝えて行きたいと考えています!


水上先生に情報発信のためのご協力をお願いしたところ、即座にオーケーをいただきました。当時は現在のように医療番組はほとんど無く、協力的なメディアも非常に少ない状況でしたが、コミュニティ・ラジオ番組から始め、約3年半継続した後、テレビに進出するべく挑戦しました。いろいろな困難にぶつかりましたが、1年をかけた活動の結果、テレビ神奈川(tvk)さんが放送してくださることになり、月に1回の放送という変則的な形ではありましたが、2年半に渡って放送されました。その後、さらに情報を得やすい環境を構築し、コンテンツを充実させるため、独立したチャンネルサイトを立ち上げるべく活動。2014年6月よりQOLTVというwebチャンネルで配信を開始しました。主旨に賛同してくださった様々な著名ドクターや医療関係者が出演してくださり、海外の医療機関などの取材も行いました。しかし、現時点ではなかなか視聴者が集まらず、配信が充分に行き届いていないのが現実です。

 

(撮影中の一枚です)

 

がんで亡くした友人。一人でも多くの人を悲しみから救いたいという思いから、このような活動を始めました。

 

歌手のAさんは、体格も良く豪快な性格で仕事も意欲的にこなしている明るい人でした。私も公私にわたってお世話になりました。ある日、Aさんはしばらく入院すると言って相変わらず明るく笑っていたのですが、実は彼の病名は食道がんだったのです。Aさんは手術を受け食道の一部を切除し、胃を吊り上げる大手術を受けました。まもなく退院し、いつもと変わらない生活を送っていたAさんでしたが、約1年後にがんが再発し、再び入院生活を余儀なくされました。抗がん剤で体はげっそりと痩せ細り、髪の毛も抜け落ち、以前の面影が一切感じられないほど変貌していました。Aさんは相変わらず笑いながら将来の夢を語っていましたが、それがAさんとの最後の会話でした。もしも当時、今のような医療についての知識を持っていたならば、Aさんを救うことができたのかもしれないのです。

 

(番組のポスターです。)

 

情報があなたの病気を未然に防ぐ可能性を広げたい。

 

人間は誰もが病気に罹るものです。そして万一がんのような難病に罹ってしまったとしても、治療の選択肢についてより多くの知識を持つことは安心に繋がります。そしてできるだけ病気にならないための手段についても知ることは、健康で幸せな人生を送って行く上で大切なことではないでしょうか。充分に科学的な根拠のある情報が、人それぞれの人生観に添った選択ができるほど数多く得られることは、全ての人々にとって希望を与え、幸せで満足のいく人生を手に入れていただけることに大きな貢献を果たすことだと思います。

 

みなさま、ご支援どうぞよろしくお願い致します!

 

QOLTV http://qoltv.net/

 

 

 

★番組にご出演いただいているドクター★

 

○水上治氏

医学博士・米国公衆衛生学博士・健康増進クリニック院長

癌先進補完医療研究会会長
EBM for Natural Products推進協議会理事長
日本オーソモレキュラー医学会理事長
生態学的栄養学研究会理事長
健康医学推進協議会理事長
 

○川嶋朗氏
医学博士
東京有明医療大学 鍼灸学科教授

 

○柳澤厚生氏
スピックサロン・メディカルクリニック理事長

点滴療法研究会会長
国際オーソモレキュラー医学会会長

 

○姫野友美氏
医学博士 
ひめのともみクリニック院長

 

○加藤貴弘氏
相武台脳神経外科院長

 

他多数

 

★引換券について★

A.サンクスメール
B.活動報告書へのお名前表記
C.水上治先生のトークイベントを収録したスペシャルDVD
D.超高濃度ビタミンC点滴療法

*2015年4月1日〜2016年3月31日までの期間中、健康増進クリニックにて超高濃度ビタミンC点滴療法の25gを1回受けられるものとする。

* 交通費は含まれません。

http://www.kenkou-zoushin.com/main.htm
E.ビタミンCに関わる書籍4冊セット

・ビタミンCは人類を救う!!
・希望の抗がん剤点滴ビタミンC 600の症例が語る
・希望の新・抗ガン剤! 超高濃度ビタミンC点滴療法
・ビタミンCがガン細胞を殺す
F.水上治先生おすすめのレストランにて先生とのディナーにご招待

*2015年4月1日〜2016年3月31日までの期間中でご招待いたします。

*飲食代は含みます。
*交通費は含みません。
*具体的な日時は、支援者様と要相談。