READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

火事で全焼したレストランの再建にご協力を。ルワンダ私の挑戦。

村上由里子

村上由里子

火事で全焼したレストランの再建にご協力を。ルワンダ私の挑戦。

支援総額

756,000

目標金額 200,000円

支援者
89人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2013年01月17日 21:15

振り返ればいつも皆がいる。

おそらく、私は今この空港の中で一番動揺している。 そして、それを全く隠しきれていない。 乗り換えの飛行機を待つオランダ、アムステルダム。 ここからのりかえてケニア経由でルワンダへ。 10時間ぶりのインターネット。 私はドキドキするような、なんだか少し怖いような気持ちを抱えて Ready for のページを開いた。 体調の悪い祖父のお見舞いでたった3日の一時帰国をしていた私は、 今日アフリカに帰る。日本を去る直前、 成田空港で、そっとFacebookにreadyforのことを書き込んだのだった。 10時間のフライトを経て到着したのは乗り換えの地、アムステルダム。 どんなかんじだろう? 誰も私の投稿に気付いてなくて、まだ0パーセントのままだったら。。。。なんて思うと少し怖かった。正直びくびくしながら、ネットを開いた。 達成率99パーセント ふーん、99パーセントね。 へー。 ん? え!? ええええええええええええええええええええ!!!??? そこには私の信じられない光景が広がっていた。 そして、次のクリックで私はもっとすごいものを見ることになった。 達成率100パーセント。 私のプロジェクトの目標金額が成立した瞬間だった。 一体何が起こったんだ? そう思って見てみると、そこには沢山の名前とメッセージがあった。 仲の良い友達たち、高校の同級生、後輩、先輩、先生。 まだ直接お会いしたことのない方の名前もたくさんあった。 思わず、私の手は震えていて、 じんわり目には汗をかいていた。 と、前置きがながくなってしまいましたが、 私が最初にお伝えしたいのは、つまり、 ありがとう です。 そして、ルワンダに帰国した直後、 私が初めてパートナーDeoに伝えなくてはならないことは 皆様のことです。 Ready for を公開して、 一番最初に書く投稿が、お礼になるとは 私は全く予想していませんでした。 そして同時に知りました。 私は、一人ではないのですね。 振り向けば皆がいて、みんながRwiza Villageを応援して支えてくれていたのですね。 そして、期待して私に夢を託して下さったのですね。 ルワンダなんて、日本から見たらどこ?って感じの遠い、遠い国に想いをはせて、くれているんですね。 頑張ろう、と思いました。 言葉にすると、薄っぺらく聞こえますが、 頑張ろう、と。 弱音なんてはいている場合じゃないです。 頑張ります。 ご支援頂いた皆様、本当にありがとうございました。 引き続き、どうぞよろしくお願いします。
一覧に戻る

リターン

3,000

※サンクスレターを1枚お送り致します。

支援者
37人
在庫数
制限なし

5,000

※上記に加え、ビデオレターを1部お送り致します。

支援者
19人
在庫数
制限なし

10,000

※上記2点に加え、牛の角で作ったネックレス1つお送り致します。

支援者
27人
在庫数
制限なし

20,000

※上記3点に加えて、フォトブックを1つお送りい致します。

支援者
14人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする