みなさん、ドラクエってやったことありますか?

結構な人数な方がやったことあるんじゃないかなぁ、、なんて思っています。

ご存知だとは思いますが、勇者がいて、色んな所を冒険して、仲間をふやしていく、そういうゲームですよね。(こんなん↓)

この前仕事をしていて、ふと、このゲームのことを思い出しました。

あれ?私のルワンダでの生活、まるでドラクエのようじゃないか?って笑。

 

ごめんなさい、ふざけているわけではないのです。

 

はじめて、私の村にやってきた時、私はたった1人でした。

 

それこそ、どこで何を売ってるのか、

ってゆうか皆、何をしゃべっているのか、

ご飯は何で作るのか(炭?コンロ?何?)

誰に何をきけばいいのか、

全然!いやもう、ほんとに全然、わからなかった訳です。

 

あまりにも言葉が通じないので、

持ってきていた小さな黒板を手に、

絵を書きながら村中を歩き、

必死の思いで買い物をしたあの日の事を、私は今でもよく覚えています。

(その時はコンロが欲しかったのに、車が欲しいと勘違いされ、

自分の絵のセンスを疑いましたが)

 

たった1人じゃなんにもできなかったんです。

 

でもそうやって、村の人に、片っ端から話しかけて行くうちに、

みんなが色んなことを教えてくれます。

それこそ、なんていうか、

ドラクエで、ある村に到着して、

物語りを進めるために、村人に話しかける、みたいに。

そうすると、あっちいけだの、こっちいけだの、

もう一回で教えてくれれば良いのに、みたいな展開になるわけですが、

一個一個しかすすめないんですよね、ドラクエでは。

 

ルワンダでも、色んな人が色んなことを、教えてくれます。

たいてい結構みんな適当なので、

その通りに進む事なんてことはなくて、

それこそ、コンロ一個買うために、村中を一日歩きまわることになります。

そうやって、コンロを手に入れた時の喜びと言ったら。。。。

嬉しくてにやにやしてしまうわけです。

 

もうひとつ、ドラクエといえば、仲間、だと思います。

物語の途中、色んな人やモンスターが仲間になってくれるんですよね。

だから自分も強くなる。

私がドラクエが好きなのは、

主人公だけじゃなくて、仲間が、画面にちゃんと表示されることなんです。

自分のキャラの後ろを仲間がついてくるんですね笑。

 

こっちでもそんな感じです。

仲間になったルワンダ人がいて、

その人ごとに高い能力があって、

ある人は、英語ができるとか、

ある人は、村のことを良く知っているとか、

ある人は、ものが作れるとか、

そんな仲間に助けてもらいながら今があります。

 

そうやって、Rwiza Villageが前にすすんできて

これからも進んでいくわけです。

 

ドラクエの回復アイテムといえば、アモールの水。

アモールの水はこっちにはないけど、

今日もそうやって、アモールの水のようなコーラを飲みながら、

愉快な仲間達と村中歩き回っています。

 

写真はRwiza Villageで作業中、夕日がきれいだったから、ぱしゃり。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ