みなさま、こんにちは。たいへんご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。

その節は、クラウドファンディングにて、ルポ絵本『世界一のパン』の増刷と東日本大震災の被災地での原画展ツアーに、ご支援を賜り、心より感謝を申し上げます。

 

「引換券」のお届けが遅れており、ご心配をおかけして、申し訳なく存じます。近況をご報告いたします。

 

1.絵本の増刷

 

 2月中の完成を目指しておりましたが、仕上がりは3月中旬になります。このため、全員のみなさまにお届けできるのは、3月末までとなります。お待ちいただいているみなさまには、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 増刷にあたり、その後のこと(主人公の岩崎小弥太さんがお亡くなりになり、そのことをどのように巻末に盛り込んだらいいか・・・など)を付け加えることについて、検討を重ね、結論を出すのに時間がかかってしまいました。どうぞお許しください。

 

2.原画展ツアー

 

 主催:文屋と開催図書館など

 協力:カナダ大使館

 特別協賛:株式会社バリューブックス、小布施岩崎

 

1)昨年12月いっぱい:宮城県名取市図書館「どんぐり・アンみんなの図書館」

2)★開催中★

  1月18日から3月14日:宮城県名取市ゆりあげ地区「メイプル館」

3)3月17日から3月28日:福島県南相馬市中央図書館

  読み聞かせ会28日11時と14時 ★木下も参加いたします。

4)4月中旬から岩手県一関図書館

 

 みなさまにご支援いただいたおかげさまで、被災地での原画展は、順調に開催されております。できれば今年秋まではずっと、被災地の図書館などでの原画展を、つづけていきたいと思います。

 5月以降の会場は未定です。開催を希望される方や、「この図書館長さんを紹介できます」という方、文屋までご連絡ください。みなさんで、原画展ツアーをつくり、盛り上げていただきたいと思います。

 

 そんな中、2月18日(水)、陸前高田市の広田小学校にて、小学1年生の全員18人を対象に、読み聞かせ会が開かれました。その様子をブログにまとめましたので、お時間のあるときに、お読みください。

 みなさまへの贈り物は遅れてしまっていますが、被災地の子どもたちへの「贈り物」は、こうして届けられています。ほんとうに、ありがとうございます。

 

 http://www.e-denen.net/blog.php/1453

 

 ではみなさま、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

 文屋 代表 木下 豊より

新着情報一覧へ