こんにちは。
プロジェクト責任者の宮地祥子と申します。
クラウドファンディング13日目となりました。
これまでに、本当に多くのご支援・応援メッセージありがとうございます。
3500円のリターンについては、売り切れとなりました。本当にありがとうございます。

さて、今日はアロマエキス&アロマオイルミルクローションの原材料について書きます。
日焼け止めと虫除けを1つにしたい!という私の思いからオーガニックコスメ認定工場を探して製造・販売することになったこの商品。
原材料もこだわり抜きました。

低刺激、できればオーガニック多く配合、白浮きしない、乳液のようなテクスチャーにしてください!紫外線吸収剤を使わず、オーガニックのアロマで虫除けしたい!子供も大人も使えるようにしたい!

無理難題を工場の担当者にお伝えしました。
引き寄せの法則で白浮きしない究極の透明度を誇る低刺激紫外線保護のZinClear IM®が日本に来たタイミングとなり、弊社が、日本で初のZinClear IM®を利用した商品を販売することになりました。
ZinClear IM®は、海外では皮膚科医推奨の紫外線保護剤として多く利用されているのです。

ZinClear IM®英語サイトは右矢印こちら

長くなりましたが、アロマエキス&アロマオイルミルクローションの原材料は下記となります。

〈配合成分〉  水、酸化亜鉛、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、プロパンジオール、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、レモングラス油、ラベンダー油、ローズマリー油、レモングラスエキス、セージエキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、ローズマリーエキス、ステアロイル乳酸Na、ポリヒドロキシステアリン酸、イソステアリン酸グリセリル、キサンタンガム、エタノール、ベヘニルアルコール、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸、トコフェロール、ヒマワリ種子油



小さいですが、配合目的や原産国や地域まで記載しています。

一部合成の原材料もありますが、これはZinClear IM®の一部となっており、ベストな状態を維持するために必要と判断しました。
その他の成分も、配合バランスを何度も変えて香りやテクスチャーにもこだわり抜いて、納得のいく配合となりました。

アロマエキス&アロマオイルミルクローションについては、水に弱いとのご意見をいただくことがあります。
確かに、乳液ですので、一般的な日焼け止めクリームよりも油分が少なく水分配合量が多いため、クリームと比較すると水に弱いです。
しかしながら、だからこそ乳液で作りました。
長時間紫外線を浴びてだらだらと汗が出てくるような状態には、この商品はおすすめしません。

保育園や幼稚園に行く子供にさささっと朝時短しながら塗れる。
子供に朝の忙しない時間に塗ろうとする、時には嫌がる逃げる子供を捕まえて塗る。そんな時には、クリームではべとつくし肌を擦りがち。
さささっと塗れる乳液を目指したのです。

朝洗濯物を干しに外に出たり、子どもを送迎したり、子供と公園に出かけたり、車を運転したり、カフェのテラス席でランチしたり。
大人も紫外線ケアが必要。
赤ちゃんを抱っこしていると、自分の腕は見えなくて、手が焼けて子供と一緒に蚊に刺されるなんてことも多かったです。
日焼け防止手袋に日傘して防止を被ってサングラスしたいです。でも、それができないのが子育て真っ盛りのママです。
子供と向き合って遊ぶには、サングラスしませんよね。帽子は被りますが、日傘なんてさして優雅にするのは憧れのまた憧れです。
半袖焼け、バギー焼け(バギーを持つ手の甲が焼ける)、靴下焼け、靴焼け。さまざまな焼け跡がいつの間にかついてしまうのが育児ママ。

日焼けするなら綺麗に焼きたいですよ。

日頃のちょっとした時の紫外線は防ぎたい。
殺虫成分の入った虫除けは目が痛く、肌も痒くなるから使いたくない。子供は手で触って舐めてしまうと口に入りますからね。
せめて、虫が嫌うというオーガニックアロマを配合したい。

そんな想いから作った商品です。
日頃のちょっとした時に、手首や手の甲、足首にさほど汗をかくことはないと考えています。むしろ、それほど汗をかくような状態であれば、クリーム状のSPF数値の高いものを使用すべきです。

乳液だからクリームに比べて水に弱いのは当然です。だからこそ、アロマエキス&アロマオイルミルクローションはお湯やナチュラル石鹸で簡単に落とせます。
クリームの場合は、油分が多いため、濃い化粧落としのクレンジングクリームやオイルを使わないと落ないものもあります。ウォータープルーフなど記載されているものは特にそうですね。
クリームと乳液の日焼け止め、それぞれ用途目的によって使い分けることをお勧めします。

次回は、SPF別に日焼け止めのおすすめの使い分け方をご紹介しますね。

新着情報一覧へ