クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

国立大学 本気の挑戦!古豪・筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト

弘山勉(TSA 准教授 男子駅伝監督)

弘山勉(TSA 准教授 男子駅伝監督)

国立大学 本気の挑戦!古豪・筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト
寄附総額
2,580,000

目標 2,000,000円

寄附者
165人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2016年07月04日 15:16

現在進行形の目標は、5000mの記録向上!

はじめまして!駅伝キャプテンを務めております体育専門学群4年の勝谷徳仁です。

 

多くの方々からたくさんのご支援を賜り、誠にありがとうございます。おかげさまで、現在、第一目標金額に対して75%の寄附が寄せられています。クラウドファンディングの最初の目標である200万円の第1区走破目前となり、私たちも身が引き締まる思いで、報告を受けております。

私たち学生は、7月後半の第1回強化合宿までに5000mの記録を伸ばそうとスピード練習に励んでいます。目指すタイムを、上位平均14分20秒と設定しています。秋までに、14分20秒以内にすることができれば、予選会突破が現実味を帯びてくると考えます。

 

昨日、筑波大学でナイター記録会が開催され、1年生を中心に自己新記録を狙って出場しました。しかし、気温30度・湿度95%という悪条件となり、残念ながら自己新記録を達成した者は、1名でした。それでも、皆必死に走っている姿からは、1秒でも速くという気持ちが伝わってきました。1年生も彼らなりにチームに貢献しようと頑張っています。上級生も彼らを引っ張っていくと同時に、チームの平均タイムを高めるべく記録を伸ばしていかなければなりません。

 

 

今後、7月7日の順天堂大学記録会、7月11日のホクレンディスタンスチャレンジ大会、7月17日の六大学対抗選手権大会で自己記録突破を目指していきます。

 

暑い季節で記録を狙うには厳しいコンディションが続きますが、皆様のご支援とご声援を力に換えて、一人でも多くの学生が己の記録を上回ることができるよう精一杯頑張ってまいります。

引き続き、ご注目していただき、応援をよろしくお願い致します。

 

駅伝キャプテン 勝谷徳仁

一覧に戻る

ギフト

5,000円(税込)

共に箱根を目指す伴走者になる

■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
64人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000円(税込)

4ee69a21ea6d95e2d8eb4e180a2bd04a80212724

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信
■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
77人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000円(税込)

Bc41bcda03a1628501dea05ad4ae346809cd7bf2

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 予選会終了後に選手と一緒にプロジェクト記念撮影
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信
■ 活動報告(E-Mailでの送付)

寄附者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000円(税込)

1fe3f3ff47ff5bb49d44849d396f4b367fdaa01a

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 筑波大学のノボリ(予選会で使用)に記名
■ 活動報告(E-Mailでの送付)
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信

寄附者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000円(税込)

869ce904169f821a8bf302d53e31d2f74a736840

予選会突破の瞬間を共に!箱根を目指す伴走者になる

■ 歓迎!練習見学に来ていただき、選手に激励をしてください
■ 筑波大学のノボリ(予選会で使用)に記名
■ 活動報告(E-Mailでの送付)
■ 選手から箱根駅伝予選突破へ向けた宣誓の動画配信

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000円(税込)

2d1f6ae2a11f75553ab80fd15de381d1e37aee29

タスキをつなげ!「箱根駅伝2017」を一緒に走る

100,000円のギフトに加えて
■ スタッフウェアおよびWEBサイトにサポーターとしてお名前を記載します
■ 箱根駅伝2017に出場が決まった場合、「決起集会」に出席いただき激励していただく

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする