うららかな春の陽気に誘われて、どこかに出かけたくなるようなこの頃ですが、皆さまはいかがお過ごしですか。
今年のゴールデンウィークは10連休ということで、どこに行こうかと迷っている方も多いのではないでしょうか。
さて、今回はそんな春のお出かけにピッタリな情報をお届けします。

東京国立博物館では2019年4月16日(火)から5月6日(月)の期間、展示「平成31年 新指定 国宝・重要文化財」が開催されています。
平成31年に新たに国宝・重要文化財となる作品を集めたこの展示に、「高木家文書」の一部が「交代寄合西高木家関係資料」として出品されています!

選りすぐりの資料を東京でご覧いただける貴重なチャンスです。
今まで名古屋にお越しいただくことが難しかった方にも、これを機に、ぜひとも「高木家文書」の魅力を肌で感じていただきたいです。

東京国立博物館のホームページでは、展示作品リストが公開されていますが、嬉しいことに「交代寄合西高木家関係資料」はおすすめ作品としてピックアップしていただいています。
https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=6033

また、文化庁のホームページでも、今回展示される文化財の詳細などについて、まとめられています。
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1415176.html

見応えのある展示になっているかと思いますので、皆さまどうぞ、一度足を運んでみてください!

-------------------------------
平成31年 新指定 国宝・重要文化財
東京国立博物館 本館 8室・11室 
2019年4月16日(火) ~ 2019年5月6日(月)
※詳しい開館時間、アクセスは、東京国立博物館のホームページをご覧ください。
https://www.tnm.jp/

新着情報一覧へ