上石津訪問レポート その2

 

先週の「上石津訪問レポート その1」では、かみいしづ緑の村公園の訪問の様子をお届けしました。今回はその旅の続きをご報告します。

 

 

公園を出発し、地元の方があつまるカフェにお邪魔して、こちらでもチラシを受け取っていただいた後、この旅のメインである西高木家陣屋跡へ向かいます。国道から外れ、細い道を進んだ先に、かつて高木三家が屋敷を構えた場所があります。高台に位置しているので、上石津ののどかな風景を見渡すことができます。空気がおいしいです。
 

高木家陣屋からの景色

 

 

 

 

こちらは西高木家陣屋跡の長屋門です。幕末の嘉永5年(1852)に建てられた下屋敷御門を移築した、江戸時代の面影を残すこちらの門。現在名古屋大学が所蔵している高木家文書をその手で記録した当時の人たちも、この門をくぐり、家へ出入りしていたのかもしれません。
 

西高木家陣屋跡

 

西高木家陣屋跡長屋門
 

 

 

 

長屋門の前で出会ったカエル。みごとに石の色に擬態しています。どこにいるかわかりますか??
 

長屋門のカエル

 

 

 

 

長屋門から坂を下る途中に、陣屋の石垣が残されています。記念碑には「美の衆陣屋跡」と刻まれています。高木家は「美濃衆」ともよばれ、旗本でありながら大名並みの処遇をうけていました。
 

高木家陣屋跡記念碑

 

 

 

 

東高木家陣屋跡には土蔵が残っています。文政年間(1818-1830年)の建物と伝えられ、3度の改修を経て、現在に至っているそうです。

 

東高木家陣屋跡土蔵

 

 

 

 

その道沿いに、「宝暦治水の日向松」があります。高木家は、木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)および流域河道の監視・整備にあたる川通掛(水行奉行)の役割を担っていました。この松は、宝暦治水(江戸時代の宝暦年間に行われた大規模治水事業)を終えた薩摩藩士たちが、高木家の陣屋に薩摩から取り寄せて植えたと伝えられているそうです。立派な松を前に、メンバーもじっと立ち尽くします。

 

宝暦治水の日向松

 

 

今週のレポートはここまでです。つづきはまた来週お送りします。

 

 

 

訪問先:
西高木家陣屋跡
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000037025.html

 

東高木家土蔵
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000019590.html

 

このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています