4月15日に、当プロジェクトのメンバー6名で岐阜県大垣市上石津地域へ行ってきました!本日より3回に分けて、このときの訪問の模様をご紹介します。

 

上石津は、今回のプロジェクトのテーマである高木家が、江戸時代から館を構えた地。この土地を実際に訪れ、高木家の歴史に思いをはせるとともに、この地域で現在暮らしている方々と当プロジェクトについてお話をすることが今回の旅の目的です。

 

名古屋大学から上石津までは、車で約1時間半。途中、木曽川、長良川、揖斐川を順に越え、サービスエリアでたこ焼きをつまんで休憩しつつ、現地へ向かいます。

 

川

 

 

 

 

上石津に到着し、ランチに地元食材をつかった料理を楽しんだ後、まず向かったのは、かみいしづ緑の村公園です。新緑に包まれた広い公園に、メンバーも自然と笑顔になります。

 

公園を歩くメンバー

 

 

 

 

管理事務所にごあいさつし、園内にプロジェクトのチラシを置いていただきました。突然の訪問にもかかわらず、温かい応援の言葉をかけていただき、しみじみ来てよかったという気持ちになりました。

 

管理事務所

 

 

ちらし

 

 

 

 

公園内にところどころ置かれている個性あふれるオブジェに目を見はりつつ(気になる方は行ってみてください)、次に訪れたのは、園内の民俗資料館。地元ガイドさんに伝統的な茅葺の家での暮らしについて、説明をしていただきました。高木家についても教えていただき、東京の六本木の地名の由来が、旗本高木家を含む、名前に「木」の付く6つの大名屋敷があったから、というお話はメンバーも目からうろこでした。(諸説あります)

 

民俗資料館

 

 

 

 

旅のつづきは、また来週の新着情報でお届けします。Readyforにアカウント登録して、このページを「お気に入りに追加」すると、新着情報の更新のお知らせをメールで受け取ることもできます!ぜひ登録してみてください。

 

 

訪問先:

かみいしづ緑の村公園

http://www.ogaki-tv.ne.jp/~midorinomura/

 

 

新着情報一覧へ