クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

日本初、山の専門家育成プログラムが始動!意欲ある学生に支援を

津村義彦(山岳科学学位プログラム-4大学連携-)

津村義彦(山岳科学学位プログラム-4大学連携-)

日本初、山の専門家育成プログラムが始動!意欲ある学生に支援を
寄附総額
1,277,000

目標 1,000,000円

寄附者
119人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

終了報告を読む


13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2017年09月20日 20:51

「山岳科学フィールド実習A(森林圏総合演習:静岡大学)」報告

筑波大学と静岡大学の一期生全員が参加して行われた“山岳科学フィールド実習A(森林圏総合演習:静岡大学)”について報告いたします。最初の2日間は長野県小諸市の安藤百福センターをベースに、浅間山周辺のカルデラ地形などを読み解く実習を行いました。国土交通省利根川水系砂防事務所にご協力頂き、浅間山の地史とも関連した砂防現場の見学を行い、山岳の地形学、防災について学びました。また中部森林管理局、東信森林管理署にご協力頂き、浅間山国有林のカラマツの採取園や造林地、シカ対策の現場などを見学し、東信木材センターでは国有林などで伐採された木の木材生産の現場も行いました。3日目は山岳科学センター菅平高原実験所にベースを写し、花の百名山として知られる根子岳、日本百名山にも数えられる四阿山に登りました。ここでは地形学に加え、最終氷期最盛期以降の植物の分布変遷とその後の土地利用などの人間活動の影響を受けた植生について学びました。限られた時間ではありましたが、学生は山岳について幅広い知見を得ることができました。また2大学間の学生、教員の交流も深まり、今後より一層の連携を期待させる実習となりました。

 

松岡憲知教授による浅間山周辺の山岳地形を読み解く実習風景

 

廣田充准教授による根子岳周辺の植生に関する実習風景

 

山岳科学を学ぶ2大学の一期生全員が揃った初の実習となりました。
山岳科学学位プログラムののぼりを持って登山しており、
登山客の方々からも“新聞で見た”、“入学したい”、
“頑張って下さい”など多くのご声援を頂きました。

 

一覧に戻る

ギフト

3,000円(税込)

3,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。

寄附者
44人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000円(税込)

10,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。
学術集会の報告書をメールにてお送りします。

寄附者
65人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

30,000円(税込)

30,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。
学術集会の報告書をメールにてお送りします。

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

50,000円(税込)

50,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。
学術集会の報告書を郵送にてお送りします。
希望される方には、公開セミナー、学生との交流会のご案内をお送りします。

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

100,000円(税込)

100,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。
学術集会の報告書を郵送にてお送りします。
希望される方には、公開セミナー、学生との交流会、各フィールド見学ツアーのご案内をお送りします。

寄附者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

300,000円(税込)

300,000円コース

学生よりお礼のメールをお送りします。
希望される方には、HPにお名前(またはハンドルネーム)を記載させていただきます。
学術集会の報告書を郵送にてお送りします。
希望される方には、公開セミナー、学生との交流会、各フィールド見学ツアーのご案内をお送りします。

寄附者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

プロジェクトの相談をする