2015年1月8日

 

あけましておめでとうございます。

 

みなさま、どのようなお正月を過ごされましたでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

この「フィリピンで4万軒が全壊!頑丈な家の為の建設資材を届けたい!」プロジェクト、始まってから13日がたちました。これまでに、6名の方より39,000円のご支援をいただいています。達成率は3%になりました。

 

新たな年を迎え、被災地のサマール島東部のドロレス町において、「台風に強い頑丈な家」を作るため動き始めます。家の建築資材を購入し、被災住民・大工へ配布し、家を作るサポートを行ってまいります。また、家の資材を提供するとともに、地域の大工さん、大工見習いとして地域のお父さんたちに「頑丈な家をつくるための研修」も合わせて実施していく予定でおります。

このプロジェクトを通じて、協力者が多く集まれば集まるほど、台風が上陸したサマール島ドロレス町の被災者が、「台風に強い家」に住むことができます。どうか、一軒でも多くの家を建てるために、引き続き、皆様からの暖かいご協力をいただけないでしょうか。目標金額を超えた場合、達成額に応じて「台風に強い家」の数を増やしていきます。

 

被災地復興のためには、どうしても皆さまお一人お一人からのご協力が必要です。

 

残り47日間、ぜひ、このプロジェクトへの応援をお願いいたします。

 

 

facebookに「いいね」もお願いします!
https://www.facebook.com/ICAN.NGO

 

twitterに「フォロー」もお願いします!
@ICAN_NGO
 

新着情報一覧へ