みなさま、こんにちは。
アイキャンの井川です。

 

2014年12月にサマール島を襲った台風で壊れた家を、住民主体で直していくにあたり、住民の意見や疑問、不満を吸い上げるためのチラシを地域の至る所に掲示しました。

 

日本で何かを購入した後に、「お客様センター」に電話できたり、「意見箱」に投函できたりするのと何も変わりません。

 

「顧客満足」を高め、プロジェクトの質を上げるためには、事業地の人々が、自由に意見や疑問、不満をフィードバックできるシステムが重要だと、私たちは考えています。

 

(住民の意見や疑問、不満を吸い上げるためのチラシを確認する被災者)


おかげさまで、現在17名の方から、294,000円のご寄付を頂戴しております。
本当にありがとうございます。

残り12日間、どうかみなさまのお力で、どうしても目標の1,000,000円を達成させてください!

1件でも多くの「台風に強い家」を建てるために、みなさまからの「いいね!」や「シェア」、「リツイート」、そして「引換券のご購入」などでお力をお貸しください。50,000円のご寄付で、寄付者の名前が、家につきます。

引き続き【フィリピンで4万軒が全壊!頑丈な家の為の建設資材を届けたい!】プロジェクトを応援していただけますと幸いです。

facebookに「いいね」もお願いします!
https://www.facebook.com/ICAN.NGO

twitterに「フォロー」もお願いします!
@ICAN_NGO

 

新着情報一覧へ