皆さま、ご支援・ご協力、本当にありがとうございます。 NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の岩住琴です。


スラムを歩けば、施設の子どもにたくさん会います。そして笑顔で声をかけてくれます。

 

この兄弟の家では小さなお店をやっています。ちょっとしたおかずを作って売っています。店の奥にひとつ部屋があり、家族で暮らしています。

今、お母さんは用事で少し出かけていて、兄弟で店番です。お父さんはいません。そして兄弟はあと3人います。もちろん自分の部屋などありません。

この小さな家に家族6人で、一部屋で暮らしています。

寝る時も重なるようにみんなで寝ます。そして、勉強するのもやっぱり一苦労です。

家のお手伝いは良いことだと思います。幼い兄弟の面倒もみなければなりません。

ただ、少し空いた時間とかに、落ち着いて勉強したり、読書をしたりする場所があったら、この子たちの生活に、また新しい潤いや刺激が生まれると思うのです。

歩いてすぐの場所に、みんなが集まれる場所がある。ゆっくり落ち着いてまったりもできる。そしてそこには夢の世界の入口が待ってる、、、

 

そんな場所となる、スラムの図書館を作りたいと思っています。

皆さま、ぜひ今後とも、ご支援・ご協力お願い致します。

新着情報一覧へ