皆さま、ご支援・ご協力、本当にありがとうございます。 NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の岩住琴です。

また小さい子が、ゴミ山(ダンピングサイト)で、ゴミを集めた袋を引きずりながら運んでいます。
このゴミを生活の糧とし、家族が暮らしています。

もちろん学校には行けません。一日中、ゴミまみれになりながら、悪臭と悪環境の中、ゴミをあさっているのです。

私たちはNGOの活動として、このような子どもたちの支援をしていますが、いっぺんにすべての子どもたちを、すぐにもっと良い環境に導いたり、学校に通わせたり、そこまでの力はありません。

でも、少しでも、子どもたちの生活や環境を助けようと、精一杯の努力をしています。

この度計画している図書館もそのひとつです。

本を読んでもお腹はいっぱいにならないし、お金にもならないのかもしれません。
でも、少なくとも、このような過酷な環境で日々を送る子どもたちにとって、絵本や物語の世界は、素敵な楽しみになり、ささくれそうなその心の癒やしになり、また、明日への勇気を与えてくれるものになると思います。
そして、その本によって、出逢えた新しい世界や希望や知識が、今までとは違う未来への道へと、子どもたちを導いてくれるかもしれません。

私たちは、貧困に苦しむスラムの子どもたちと、少しでも希望のある明日への道を作るため、一緒に夢を紡いでいます。

もしよろしければ、皆さまも一緒に、子どもたちの未来への夢のために、手を取り合って歩んで頂けませんか。

皆さまのあたたかいお気持ちのこもったご支援・ご協力を、ほんの少しでも、よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ