ご好評により本プロジェクトのマッチングギフトの支援額は満了致しました。
みなさまの引き続きのご支援をお願い致します。

あらためまして、CCJメンバーの龍です。

 

「なんで共助の防災コミュニティづくりに関わろうと思ったの?」


それは、震災後1ヶ月くらいで宮城県亘理町にボランティアを
しにいった時に聞いた話がキッカケでした。

 

友人が津波の被害を受けた集落を見に行った時のこと。

 

道を挟んで、
一方では地域の人たちが集まって、あるものを出し合って、
大きな鍋で温かいスープを作っていました。

 

道を挟んで、
もう一方では各家ごとに明かりを灯して、
家にあるものだけで食事をとっていました。

 

そう、町内でご近所さんが知り合いだと、互いに助け合える。

 

でも、新興住宅地など、

まだ住み始めてお隣さんと人間関係がない地域は、孤立をしていました。

 

もし、いま地震が起きたとしたら、あなたは道を挟んでどちらに行きたいですか?

新着情報一覧へ