クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい

吉高美帆

吉高美帆

今までにない「避難生活」をテーマに被災地から学ぶ場を作りたい
支援総額
3,083,000

目標 2,400,000円

支援者
153人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2014年01月18日 23:40

復興応援団佐野 最後のお願い

READYFOR?をご覧のみなさん、こんばんは。復興応援団代表の佐野哲史です。

 

 

復興応援団×CCJの取り組む「防災減災研修」。
その開発資金へのご協力を、このREADYFOR?で募り始めてから今日が88日目です。ご協力くださった方々には、心より御礼申し上げます。

 

募集終了まで、あと48時間を切りました。
目標の300万円まで、あと一息のところまできました。
復興応援団としての、最後のお願いをさせていただきます。

 

 

佐野哲史のルーツは東北にあります。
父が岩手県釜石の出身。祖母も存命、佐野家の墓も釜石にあります。

 

東日本大震災が起きて、「とにかく一刻も早く現場に」とすぐに決断できたのは、やはり自分のルーツが東北にあったからです。様々なご縁がつながって、発災から6日目(※)に宮城に入りました。

 

 

その時から数ヶ月間、被災地で目にした耳にした出来事は今も強烈に記憶に刻み込まれています。
(*この辺りの詳細は、これらの過去の投稿をご参照ください。)
 発災直後の現地の状況①
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6037
 発災直後の現地の状況②
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6064
 発災直後の現地の状況③
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6081
 「防災減災研修」のめざすもの
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6103

 

比較的人口が少なく地縁も豊かな東北でさえこうした混乱が起こるのであれば、「同じことが東京で起こったら、ちょっと考えられないぐらい、大変なことになる」と強く戦慄したのを覚えています。

 

 

生まれも育ちも東京で、大切な家族や友人が今も多く東京にいる僕にとっては、ルーツであること以上に、東北の状況は決して他人事ではありませんでした。宮城に移り住み東北の復興のお手伝いに力を注ぎつつも、近く必ず起こるであろう首都圏の大災害のことをいつも気にかけていました。

 

そんな中、被災地の雰囲気が変化してきました。被災された方々から「当時のことをお話しします」「どんなことでも聞いてください」という声をいただくようになってきました。耳を傾けると、そこには確かに、未曾有の大災害を生き抜いてきた叡智が存在していました。

 

 

復興応援団とCCJは、この被災地の叡智を、いま「防災減災研修」という具体的な形に織り上げているところです。
(*研修の詳細は、これらの過去の投稿をご参照ください。)
 防災減災研修のご紹介①
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6513
 防災減災研修のご紹介②
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6521
 防災減災研修のご紹介③
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6542
 まとめ よき避難者をめざそう
  https://readyfor.jp/projects/_ccj/announcements/6559

 

東北の叡智を紡ぎ、首都圏の防災減災につなげる。
東北と東京、両方に縁を持つ者として、今後も力を尽くしていきます。
この志に共感していただけましたら、ぜひお力添えください。

 

 

東京に、大切な人がいる。守りたい命がある。
いまREADYFOR?に集った僕たちみんな、この一点でつながっています。

 

大切な人の命を守るために、共に考え、共に行動してゆきましょう。
最後のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


 


※注
佐野は、2011年3月14日に発足した仙台・東京・関西のNPOと日本財団の合同プロジェクト「つなプロ」の現地本部長に就任、全国から集まった500人以上のボランティアスタッフと共に宮城県全域の避難所調査と人材・物資のマッチング活動に発災直後から数ヶ月間取り組んでおりました。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット

支援者
81人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)

支援者
38人
在庫数
62

20,000円(税込)

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3. 公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント

支援者
34人
在庫数
16

100,000円(税込)

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載

支援者
2人
在庫数
8

200,000円(税込)

1.お礼メール
2.CCJ×アサヒ 非常飲食物ギフトセット
3.公開勉強会に無料ご招待(1回)
4.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」を1冊プレゼント
5.制作する「大震災のリアル〜共助の手引き〜(仮称)」にお名前を掲載
6.モニターツアーに1回無料ご招待

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする