クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第2弾】5回目となる3.11を忘れないためのイベントを開催する

多田 純也(東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室)

多田 純也(東日本大震災子ども舞台芸術支援対策室)

【第2弾】5回目となる3.11を忘れないためのイベントを開催する
支援総額
427,000

目標 400,000円

支援者
65人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2016年02月24日 13:53

東北復興新聞より

 私たちは、「被災地でもお芝居をしたい」という想いから、釜石に住んでいる人、復興支援で外から来ている人、離れているけれど釜石に想いを寄せている人...そんなメンバーが集まり、2015年2月に誕生した釜石の劇団です。

 

 娯楽が少ないといわれる被災地で、
少しでも楽しんでもらえる時間と空間を提供したいと考えています。
 また、被災地のことを、演劇を通して伝えたいとも考えています。

 この想いにご賛同いただいた岩手県の脚本家のこむろこうじ先生に、
被災地の仮設暮らしの姉妹の物語の脚本をご提供いただき、
2015年3月に平田(釜石)の仮設団地で旗揚げ公演を行いました。
旗揚げ公演は大変ご好評いただき、
その後、雫石(2015年6月)、盛岡(2015年7月)、遠野(2015年12月)でも公演させていただきました。

 

 そして、このたび、多くの方のご支援・ご声援を受け、市外公演4度目となる東京公演が実現するにいたりました。

 演劇ができる場所も失ったけれど、
想いがあれば場所にこだわらず大好きな演劇もできるはずという私たちの想いや、このお芝居に込められたメッセージに多くの人に共感いただき、今があります。
 

 東京や関東の皆さんに、
被災地で起こっていることを仮設に住む姉妹の物語から少しでも感じ取っていただければ幸いです。
私たちのお芝居を是非ご覧ください。

 

★☆★「劇団もしょこむ」東京公演・二人芝居★☆★

演目:『平行螺旋』-へいこうスパイラル-
内容:被災し、仮設で暮らすことになった二人の姉妹の、時の経過とともに変わっていく心情を描く

 

作:こむろこうじ
出演:小笠原景子 菅野結花
スタッフ:佐々木勇人 菅田拓 宮崎達也 村上浩継

 

小笠原景子さん

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

パンフレットにお名前を記載

・ご本名、団体名、もしくはご希望のお名前

支援者
54人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

10,000円(税込)

98023c2fd714fc6d97f0a3d63a6c57a6e07ddca6

釜石港「劇団もしょこむ」のビン玉ストラップ+ご招待券

・ビン玉ストラップ、1個
・当日ご招待券、1枚
・当日パンフレットにお名前を記載
(ビン玉ストラップの画像は参考画像です)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

30,000円(税込)

C27c1e7b5a66aec22634b417df2175928b577f42

釜石港「劇団もしょこむ」のビン玉ストラップ+ご招待券

・ビン玉ストラップ、2個
・当日ご招待券、2枚
・当日パンフレットにお名前を記載
(ビン玉ストラップの画像は参考画像です)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

プロジェクトの相談をする