こんにちは、ACEの田柳です。

 

Facebookでのシェア祭り、「☆シェア祭り☆ 5/10(水)18:00~22:00 一斉に盛り上げよう!みんなでインドの子どもとお母さんを応援!」にご参加いただいたみなさま、昨日はご協力いただき、本当にありがとうございました!

 

260名以上の方がご参加くださり、シェアや投稿で祭りを盛り上げ、情報を広げてくださいました。みなさんのご協力のおかげで、シェア祭り効果で1536人以上がこのプロジェクトページを訪問してくださり、今日のReadyforの「注目のプロジェクト」の4番目にも浮上もしています!この訪問数は、初日から現在までの総訪問数の半分以上なので、シェア祭りに協力してくださったみなさんのパワーの大きさを感じます。まるで元気玉みたいです。

 

現在149名の方に1,962,000円のご支援をいただいています。50%の200万円まであとちょっと!祭りは終わりましたが、引続き、情報の発信やご支援の呼びかけを周りの方へ行っていただけますととてもありがたいです!

どうぞよろしくお願いいたします。

 

シェア祭りの盛り上がりの一部はこちらからご覧いただけます↓

後夜祭への参加、大歓迎です!

 

 

さて今日は、先日オルタナSさんに掲載された、私田柳のインタビュー記事のご紹介をさせていただきます。

 

インタビューを受けるということに慣れていなく、聞き手の方は記事をまとめるのに苦労されたと思います(ありがとうございました!)。

私が今この活動をしている原点には、学生の時にインドで出会った子どもたちがいます。

当時感じたことや、現在どんなことを考えながら活動を行っているか、少しのぞいていただけたら嬉しいです。

 

児童労働をなくすことは無理なのではないかと思ったこともありました。

でも今は、児童労働はなくすことができると信じています。

 

 

そして、なくすためには1人ひとりが児童労働の問題に少しずつでも関心を持ち続けることが必要です。

1人ひとりが生活の合い間に少しずつでも、世界のどこかで働いている子どもたちのことを考えるようになれば、事態は良い方向に必ず変わってくると思います。

 

引続き、応援どうぞよろしくお願いいたします!

 

ACE田柳優子

 

 

新着情報一覧へ