メンバー紹介:米澤渉

皆さん、こんにちは!

寶船の米澤渉です。

 

今日は、私の人生を振り返ってみたいと思います。

 

まずは、こちらの動画をご覧ください!

2分の短い動画ですが、私の想いが凝縮されています。

 

 

この動画は、今回の「アメリカ大陸横断ツアー」にも同行してくれている映像クリエイターの吉田貴臣くんが作ってくれました。

 

では、さっそく自己紹介スタートです!!

 

米澤 渉(よねざわ・わたる)

 

一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ プロデューサー。

阿波踊り集団『寶船』BONVOメンバーリーダー。

山形県米沢市おしょうしな観光大使。

 

 

0歳〜19歳:阿波踊りをはじめた幼少期

 

1985年生まれ。東京都出身。

阿波踊りと由縁の深い、米澤家の長男として生まれる。

 

 

4歳より、徳島県出身の父親の影響で阿波踊りを始める。

1995年、小学4年生の頃に父・米澤曜(あきら)が「寶船」を設立。その後、第一線で阿波踊りダンサーとして活躍。観客数120万人を超えるといわれる関東最大の阿波踊り大会「東京高円寺阿波おどり」では、個人賞を受賞。

 

 

19歳〜26歳:ブルースに心を奪われたバンドマン時代

 

高校卒業後、阿波踊りを続けながらも、幼少期から続けていた音楽活動に専念。インディーズバンド「ルノワール」のボーカル兼ギターとしてデビュー。フロントマンとして、バンドを成長させる。

​​

 

日本ブルースの最高峰「憂歌団」の木村充揮さん、映画「ゆれる」や「ディアドクター」の主題歌で知られるR&Bバンド「モアリズム」など、日本におけるブルース・R&Bの大御所と共演。他にも、プロアーティストとの共演多数。

 

代表曲はこちら!

 

 

ミニアルバム3枚、フルアルバム1枚を発売。ワンマンライブをソールドアウトし、全国ツアーを行うなど勢力的にファンを増やしていく。

 

 

その後、大手レコード会社のディレクターの方から「阿波踊りは米澤くんにしかできない日本のブルースだ」との助言もあり、幼少から続けていた阿波踊りを本格的に“日本のエンターテインメントにしたい”という想いが強まる。

 

26歳〜現在:起業を決意し、世界ツアーへ

 

2012年、一般社団法人アプチーズ・エンタープライズを設立。阿波踊りの魅力を世界へ広めるため、プロ阿波踊りダンサーとしてはもちろん、セルフプロデュースで運営も行い、国内外問わず幅広い活動をしている。

 

2014年、インド・ムンバイで開催された「Cool Japan Festival」へ出演。 また、お笑い・ダンス・歌手など約220組がエントリーしたパフォーマンスコンテスト「GONG SHOW」では、マンスリー「グランプリ」とファイナリスト「準グランプリ」を受賞。

 

 

その後、世界18都市、年間250ステージをこなすまでに団体を成長させる。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

米澤渉の人生でした!

 

細かく書きたいエピソードはたくさんあるのですが、それはまた今度ご紹介します。

 

クラウドファンディング、引き続きよろしくお願いします。

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています