ページをご覧いただきありがとうございます

 

社会福祉に従事されている方などは既にご存じと思いますが。

 

毎日新聞電子版 5月29日付 6:30配信分より引用

 

私たちの作業所でも話題になりました。確かに公的給付金が財政を圧迫している現実も直視しなければなりませんが、自助努力だけではなんともならず、公的補助に頼らざるを得ない方もいるのも現実です。日本の将来を考えると、非常に難しい課題だと思います。

 

こうなるとやはり、今回のプロジェクトで掲げている目標達成の必要性を改めて感じました。それぞれの強みを活かし、互いに支え協力し合いながら賃金向上を図り、不安を抱えながら過ごす日々から脱却できる日が来るよう、これからも継続してがんばってゆこうと強く思いました。

 

物事はあきらめた時点で終わり。アイデアの無限の可能性を信じて、出来ることは全て挑戦してゆきたいと思います!なんでもやってみないと分からないですよネ!!

新着情報一覧へ