READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

カナダに流れ着いた東日本大震災の漂着物を日本に持ち帰りたい!

尾池祐亮(NPO法人国際ボランティア学生協会)

尾池祐亮(NPO法人国際ボランティア学生協会)

カナダに流れ着いた東日本大震災の漂着物を日本に持ち帰りたい!

支援総額

2,161,000

目標金額 2,000,000円

支援者
174人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2014年02月05日 14:22

震災漂着物の処理方法について

こんにちは!!

 

 

今回は、私たちがカナダでどのくらい震災漂着物を回収し、どのように震災漂着物を処理するのか。何件か質問を頂いているので、そのことについてお答えします。

 

 

Q、回収した漂着物はどうやって処理をするのか。


A、

Ucluelet市の環境対策部課長のKarla Robisonさんという方の協力の元、計画しています。

Karlaさんは海洋漂着物の研究をされており、その過程で漂着物を分別・処理を行っています。私たちは回収した漂着物をKarlaさんに提供し、処理をお願いするという運びになっています。

またKarlaさんの研究によると、漂着物の2%は所有者が分かる震災漂着物であるとのことですので、それらは日本に持ち帰りたいと考えています。

 

 

 

Q、どの程度、回収するのか。


A、

作業日数である実質4日間で、計10t を目標として設定しています。

これは今回、共催となる「Japan Love Project」が昨年夏に活動した結果と日数を基準とし、設定させていただきました。

また作業する場所について、なぜトップページの写真のような浜ではなく、沖にある離島や無人島を中心に作業を行うのか。

この理由としましては、離島や無人島のような人がアクセスしにくい場所であっても、フットワークが軽い学生であれば、漂着物の回収が可能であり、よりカナダのお役に立てると考えました。

 

 

まだまだ私たちの活動についての疑問点などありましたら、

私たちのFacebookページ 愛・つなぐプロジェクト

( https://www.facebook.com/ai.tsunaguProject ) まで、宜しくお願いします!

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼状
・当プロジェクトの報告書

支援者
82人
在庫数
制限なし

10,000

・お礼状
・当プロジェクトの報告書
・当団体年次報告書へ名前の記載
・ 「IVUSA物語」
(当団体で作成したこれまでのあゆみを記した本)
・ 支援者限定のfacebookグループのご招待
・ カナダ活動時の写真5枚

支援者
83人
在庫数
制限なし

50,000

・お礼状
・当プロジェクトの報告書
・当団体年次報告書へ名前の記載
・ 「IVUSA物語」
(当団体で作成したこれまでのあゆみを記した本)
・モザイクアートを印刷したポストカード
・支援者限定のfacebookグループのご招待
・カナダ活動時の写真10枚

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000

・お礼状
・当プロジェクトの報告書
・当団体年次報告書へ名前の記載
・ 「IVUSA物語」
(当団体で作成したこれまでのあゆみを記した本)
・モザイクアートを印刷したポストカード
・カナダのお土産
・被災地の方々にあなたのメッセージを届けます
・支援者限定のfacebookグループのご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする