こんにちは!福島県立福島高校1年の八巻裕希です。

私は担任の先生の紹介であいでみを知りました。
私は初め、一体あいでみとは何なのかさえもわかりませんでした。
しかし、今私はあいでみに応募出来て本当に良かったと思っています。
その理由は、この福島という故郷です。

福島は震災後から原発事故の影響で放射能に関わるニュースが沢山あります。
人体への影響や農作物・海産物の汚染・・・
しかし、これらのニュースの中には、正しいと言えないものや、誤って解釈されているものも少なくありません。
私はあいでみの活動を通して、福島の本当の姿を知り、世界に伝えたいです。
そして、上海の高校生と交流するということは、文化も言葉も異なる同年代の方たちの考え方や視点が学べるということなので、この交流を通してさらに自分の視野を広げていきたいです。

渡航まで残り三週間余りですが、あいでみのメンバーとともによりよい渡航になるようにしていきたいです。

よろしくお願いします!! 

 

新着情報一覧へ