シェルターにいる猫たちは、人間に虐められたり、体が不自由だったりと色々な事情があって保護された猫です。

特に成猫になってから保護された子は、なつくまでに時間がかかることが多く、私達スタッフでさえ触ることができない子や隠れていて姿を現さない子もいます。

色々な意味で敏感になっている猫たちに、更にショックを与えることのないように、細心の注意を払いながら日々できる限りのケアを続けております。

 

また、地域猫達の保護活動も精力的に行ってはおりますが、ボランティア・物資共に常に不足しているという状況です。

ボランティア一同、少しでも良い環境で、一匹でも多くの子に幸せになって欲しいと強く願いながら保護活動を続けております。

 

どうかみなさまのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ